ガレージ欲
c0225852_23541688.jpg
果てしなく続くmonster crossへの道…
まずは今付いているパーツを全部外します。
クランク、チェーン、ブレーキ、ハンドル、うんうん順調順調。

そして、第一関門。ボトムブラケット。クランクの根元の軸のパーツです。
ここは雨水などが貯まりやすく、サビなどで固着しやすい箇所です。
固着してると大仕事になるので、祈りつつモンキーレンチに力を入れます。あ、右側は逆ネジだ。
…ヌルッ。あっけなく外せた〜!! ついてるグリスもまだ緑色してる。

で、第二関門。ヘッドパーツ。フレーム本体とフォークを繋ぐパーツです。
このパーツは、ネジでとまっているのではなく圧入されているので、要は無理矢理外します。
…ダメだ。ゴムハンマーで叩いてもびくともせず。自転車屋さんに任せようか…。
今回、スレッドからアヘッドに変更するので、フォークをリプレースします。
自転車パーツにはイロイロ規格があって、古い自転車を再生させようとするともう大変…
このヘッドパーツの規格がわからず、ブリヂストンに電話しました。
そしたらあっさり判明。1990年製 WildWest Trail XX WTX-500。クロモリ製。
当時結構グレードがあって、それのミドルレンジの車種みたい。当時価格79,800円

さぁ、オーダーしてあるアヘッド用のフォークが届いたら、いよいよ塗装へ旅立ちます。楽しみ!!
千里の道も一歩から。every little thing!!

そうそう、今日の写真は、EOS 20Dで撮ったデジタルですが、
DxO FilmPackというソフトで、フイルムのKodak Elite Color 400を再現してます。
なんだか、『…別に。』って感じですね。

あ〜思いっきり自転車いじれるガレージ欲しいな〜
[PR]
by motnorm | 2012-03-28 00:24 | bicycles
<< お気に入り monster cross >>