<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
motnorm backpack 1st
ついに、いよいよ、バックパックをMYOG【Make Your Own Gear】ってみました。
MLDのNewtのようなシンプルで小振りなバックパックを目指していたんですが…

c0225852_1231445.jpg
素材はX-PacのVX03といわれる軽量なもの、山と道のスタッフサックと同じ素材ですね。

c0225852_1235938.jpg
c0225852_1239693.jpg
出し入れはシンプルなロールトップで。バックルにはワッキーからいただいたものを使いました。
最後まで悩んだショルダーパッドは、
X-Pacと2枚重ねの3Dメッシュを一緒に縫って裏返すという方法にしました。
軽くて適度な厚みのある理想的なものになりひと安心。
スターナムストラップは付けませんでしたが、必要とあればまた縫えば良いですしね。

c0225852_1240515.jpg
ミシンのスキルがないので、このあたりの処理もなるべく縫う回数を減らす方向で。

c0225852_12423069.jpg
c0225852_12434467.jpg
オプションとして、Zpacksのマルチポーチを取り付けられるようバックルを追加しました。
実際、使うかどうかは微妙ですけど、こういった自由さがMYOGの醍醐味ですね。

c0225852_12515988.jpg
実際背負ってみて。(おじさんは無視してください)
思っていたものより大きなサイズになってしまいました。
Gossamer Gearのミニマリストに入れていた鈴鹿一泊の装備を入れても余裕があります。
シュラフは持っていかないつもりだったんですけれど、持っていこうかな…
おそらく30ℓくらいはありそうです。重さは214g。背負い心地は窮屈さもなく快適。

まだ生地が余っているので、日帰り仕様のこんどこそ小振りなものを作ってみよう。

本当に自分で作ったバックパックが山で使えるのか?
使えるなら、こんなにワクワクすることはないですね。

春が来ています。ポカポカの山が恋しくなってきました。
[PR]
by motnorm | 2014-03-22 13:11 | MYOG
これからの山のこと
c0225852_1244246.png
この春、タチさん主宰「鈴鹿ワンダリングクラブ」が立ち上がりました。

僕がまだ大学に通っていた頃、四日市駅の近くにあったBar OR。
その空間は少し土臭くてメローな雰囲気。そこを仕切っていたのが、タチさん。
異様に背が高く、一見ぶっきらぼうな風貌にはじめは少し怖かったけれど、
話し始めると止まらないそのテンション、なんだか重みのある言葉の数々。
とても魅力的な「兄さん」的な人柄に引きつけられ何度もORに足を運びました。
ORの本棚に山の本が並んでいたのをボンヤリ覚えています。
当時全く興味はなかったけれど、いま山に行きたいのは絶対「タチ兄さん」の影響。

鈴鹿の山々を遊びつくしたタチさんが、その楽しさをもっといろんな人に知ってもらおうと
ガイドとして魅惑の鈴鹿へご案内。日帰りでも泊まりでも対応可。
様々な表情を見せる鈴鹿の山々は、山が初めての人はもちろん、何度通っても新しい発見のある素敵な場所。
山未経験の友人を誘ってワイワイと鈴鹿を体験してもらうのも良いかもしれません。
WANDERING(歩き回る)の言葉通り、ピークをがむしゃらに目指すのではなく、
ざわめく新緑に耳を傾けたり、キラキラと光る水面に目を細めたり、ザクザクと落ち葉を踏みしめたり。
街では接することのない自然の声を聞きながらノンビリできるのが醍醐味。

そしてもう一つ。
鈴鹿ワンダリングクラブの活動の一環として、
「ヒロ沢テントサイト再生プロジェクト」が発足。
昨年あたりから何度かお話を聞かせていただいて、ぜひ実現させたい! と僕も思っていました。
各方面の関係者様とも協力を取り付け、協議しやっとカタチとしてスタートしました。
スタートラインに立つまでのタチさんの尽力は計り知れるものではありません。

荒れたテン場を清掃して復活させようというこのプロジェクト。
しかし、廃棄物の処理やマンパワーの確保、少なからずともお金が必要になってきます。
そこで、クラウドファンディング(CAMPFIRE)によって皆様のお力をお貸しいただけたらと思います。
目標金額に達しないと、「なかったこと」になってしまうのが世の厳しいところです。
もちろん僕もパトロン(出資者)に手を挙げるつもりです。【twitterやFacebookアカウントでログインできます】
中の人ではないけれど、ステッカーなどのデザインで協力させていただきました。

c0225852_1254985.jpg
このヒロ沢、ロケーションはほんとに良いところなんですよ。
満天の星空の下、川の音を聞きながら焚き火で夜を明かす。
そんなすてきな経験を皆さんと共有できたらと思います。


鈴鹿ワンダリングクラブ

ヒロ沢テントサイト再生プロジェクト

【3月17日追記】
皆様のご協力のおかげで、締切3月25日を待たずにサクセスに達成しました!!
ありがとうございました!!!
25日までは、引き続きパトロンを募集しておりますのでよろしくお願いいたします。

いよいよ、鈴鹿山系ヒロ沢テントサイト再生プロジェクトが始動いたします!!
[PR]
by motnorm | 2014-03-06 12:08 | mountains