<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
OMM Ultra 15
2013年、今シーズンから始めた(始める)トレイルラン(厳密には、トレラン〜ハイクの中間)。
クッカー、食料、ウエア、水を持って走りたい。そこで走れるザック、OMM Ultra 15。
何てったって、オリジナルマウンテンマラソンだもんね。

一度、R.P.Mを背負って走ったことがあった。
少ない荷物の時にはどうしても持て余し感があって、
それがどうしても気になってストレスとラン用のザックの必要性を感じていた。
早速Ultra 15を背負って走ってきた。この手のザックは初めてなので思い切り主観で。
っていうか、ほぼストレスなし!! こりゃ走れるわ!!
特にザックに振られることも無いし、腕の振りや体の動きを妨げるそぶりも見せない。

c0225852_17431537.jpg
15ℓの容量はどんなもんかというと、だいたいこんなもん。(左上から)
・エマージェンシーキット(薬、バッテリー、ウエットティッシュ等)
・OMM Cypher Smock
・プラティパス1ℓ
・RMG Wallet
・MSR パックタオル
・EVERNEW Ti Mugpot 500(中にアルコール、アルコールストーブ、風防、ライター)
・inov8 ボトル
・食料(おにぎり2つ、カップヌードルミニ1つ、エナジーゼリー1つ、ダイネックスマグ)
・手袋
・ミドルレイヤー(Rab)
・インナーダウン(写真とる時着てた)
これだけ入れても、まだ若干の余裕はあります。©こん平師匠

c0225852_17492358.jpg
c0225852_17495260.jpg
ウエストベルトにもお約束のポケット。
左側はジッパー付きでiPhoneなんかがぴったり。キーリングも付いてるので貴重品も。
右側はゴム出し入れ口をもつ、落ちそうで落ちないポケット。行動食入れとか。
メインの上部にもポケットが一つ。ここにもキーリング装備なので鍵とか。

c0225852_17523171.jpg
荷物をコンプレッションしたり、脱いだウエアを挟んだりできる別売のLeanweight MSCというメッシュポケットがある。
あれば重宝しまくるだろうけど、手持ちのバンジーコードで充分。
ただ、ザックの背面から出たフックに引っ掛けて取り付けるので、どうしてもメインのジッパーに干渉してしまう。
あと、サイドポケットが左右にあるけれど、結構ボトルがパツパツで出し入れに気を使う。
使われているナイロンは軽量化のために薄手のものが奢られているが、
底のパーツは厚手のナイロンで安心感がある。ただ、やたらと飼っている猫の毛を拾う。

と、まあ、一丁前にファーストインプレッションを書いてみたけど。
今年はこのザックと走り回ることになるので、気づいたことがあればまた書くかも。
いや、でも相当オキニですよこれ。

173cm 中肉中背のオトコが背負うとこんな感じ。
c0225852_1833093.jpg
[PR]
by motnorm | 2013-02-11 18:05 | mountains | Comments(0)
ハトブキ〜ツガオ トレイルラン
なんだか去年の一発目もこの山だったような気がする、確か。
…今年は何かが違う。そうトレイルランに挑戦! えっ!? 走れるの??
とは言っても、走れそうなところはなるべく走る。というスタンスで。

コースは可児川駅〜鳩吹山〜西山〜継鹿尾山〜犬山遊園駅。
歩くと5〜6時間くらい。さて、どれくらいで駆け抜けれるか。

c0225852_1550571.jpg
スタートの可児川駅。どんより分厚い雲からは時折パラパラと雨が。
大脇登山口まで1kmくらいウォーミングアップがてらジョグで。
さあ、ここからスタート!

c0225852_15513567.jpg
一気に駆け上がる…!! あれ!? 駆け上がれない!!
膝に手をついて、ヒュウヒュウ。太ももでは乳酸がパーティー開始!!
でもやっぱり早いね。あっという間に頂上。御嶽が望めるのだが今日は隠れてる。

c0225852_15532121.jpg
ドリンクを一口含み先を急ぐ。
細かいアップダウンを繰り返しながらも、時折フラットなトレイルが出現。
すかさず走る。もう走る!! 半笑いで走る。

c0225852_15594199.jpg
豪快な激下りを経て林道にぶつかる。この先は東海自然歩道になる。
しばらくすると後ろからエンジン音が。
エンデューロなバイク3台に道を譲る。へぇ、バイクの人も通るんだ。
そして、フラットなトレイル。
そう、ただ走る。親の仇とばかりに走る。快楽物質を確かに確認した。
んで、この階段地獄で心が折れる。お構いなしに声を上げる。Stairway To 地獄

c0225852_161618.jpg
この地獄を乗り越えると継鹿尾山山頂の東屋に着く。
スタートからおよそ90分。早い。
ここで食事。おにぎりモグモグ。カップヌードルモグモグ。コーヒーゴクゴク。
足を止めると寒いなぁ。ダウンを羽織る。この日のウエアリングは、
Capilene3
Rab ボレアスプルオン(暑かったりで脱いだり着たり)
防寒にORのトランセンデントセーター
パンツはこれまたORのラディアントハイブリッドタイツ
ロン毛問題はTNFの薄手のネックゲイターをヘアバンドとして。
シューズはALTRAのローンピーク(登りも下りも調子E!!)
ザックはOMMのウルトラ15

c0225852_1631989.jpg
さて、あとは一気に下るだけ。寂光院の境内を横切って石段を駆け下りてゴール!!
次から次へと変化するトレイルが楽しい!!
ロードに降りてからもその変化が楽しくて桃太郎神社に寄り道。スゲー所だ…。

c0225852_1654094.jpg
あとはサックリと犬山遊園駅までジョグって終了ーー!!

走れるところは走るトレラン。キツかったけど楽しかった!!
これ、走れるゾーンを増やしていったら相当走力がつきそうだ。

また行こ。iPhoneのカメラで十分やな。
[PR]
by motnorm | 2013-02-11 16:12 | run | Comments(1)