<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
monster cross vol.3
ついに、ブリヂストン ワイルドウエストがモンスタークロス風に変貌。

c0225852_23325750.jpg
フロンフォーク、ヘッドパーツを差し替えてアヘッドステムに。


c0225852_23343155.jpg
マウンテンドロップハンドルにテクトロのブレーキレバー。これでVブレーキが引ける。


c0225852_23361728.jpg
VブレーキはSHIMANOのXT。ホイールはMAVIC CROSSRIDE UB。


c0225852_23374044.jpg
リヤにはSLiCのブレーキブースターを装着。フレームの補強に。


c0225852_23391658.jpg
クランクはSHIMANO ZEE 36T。チェーンはオール半コマ。


c0225852_2340344.jpg
リヤコグは15T。いろんな歯数を試して一番チェーンのたるみのない組み合わせを探す。コレはまた再考で。


c0225852_23424467.jpg
思いのほか気合いの入ったカスタムとなった。
今後の野望はキャリアをつけてキャンピング仕様に仕立てること。

Viva la RIDE & HIKE!!
[PR]
by motnorm | 2012-08-27 23:45 | bicycles | Comments(2)
monster cross vol.2
c0225852_2022797.jpg
ブリヂストン ワイルドウエスト再生計画。
前回はペイントしたところで終ってましたが、その続き。

かなり前にヘッドパーツはサークルズさんで圧入していただいてました。
これは専用工具がかなり高価&使用頻度も低いので、お店にお願いした方が良いかと。
ハンドル周りは豪華にもトムソンのステムを装着。ハンドルはOn-Oneのミッジバー。
シートポストとサドルは安価なパーツで。

BBは初めて触るホローテック2。専用工具で簡単に取り付け。
クランクはシマノのダウンヒル系コンポーネントのZEEを選択。シングルです。
クランクの軸がBBに入りにくくて苦戦。
プラハンがなくてもう片方のクランクに靴下履かせてガンガン叩き込む。ふぅ…。

ホイールはMAVICのCROSSRIDE。Vブレーキ対応のホイールが少ないのが悩み。
リヤエンドの幅って古いフレームだと違うのかな?かなり強引に取り付け。
クロモリフレームなので、まぁ、大丈夫でしょう。

これでかなり自転車らしいカタチになってきた。
細かいトラブルはあるが、少しずつ進めていこう。
あとはタイヤ、チェーンとブレーキケーブルを取り付ければ走れるように。

あ、タイヤか…。また悩みそうだニャーー

c0225852_21133580.jpg
[PR]
by motnorm | 2012-08-18 21:14 | bicycles | Comments(0)
山と道 U.L.FramePack ONE 70D PU Coated Diamond Ripstop Nylon Edition.
c0225852_21175749.jpg
オーダーから2ヶ月とチョット。ついにブツが到着した。

70D PU Coated Diamond Ripstop Nylon Edition.ということで、
前面のポケット部分が通常のものより強度が高いものになっている。
光のあたり方によって現れる、リップストップのグリッドが美しい。
無数の色の組み合わせから選んだのは、ブラック×ネオンオレンジ、ジッパーはホワイト。
山の中とはいえ、適度にアーバン感を出した、つもり。

日帰りの装備でもコンプレッションコードを引けば本体がスリムになり不用意に揺れることは無い。
やはり、シュラフとテントを入れて山に入りたいものだ。尾鷲道への期待が膨らむ。

さぁ、よろしくお願いします!! じゃんじゃん山へ行こう。

c0225852_21483794.jpg
[PR]
by motnorm | 2012-08-16 21:49 | mountains | Comments(0)
燕岳
c0225852_21482369.jpg
夏の恒例、お盆休みの山行に燕岳へ。
なんやかんやで行けるのは最終日のみ。天候は微妙。行ってみなけりゃわからない。
しかも、この時にオーダーしたザックが届いたので、我慢できずにしょってみた。(日帰りなのに)

名古屋を午前0時に出発。只々ひたすら中央道をひた走る。
登山口の中房温泉へは、そこからさらに長野自動車道へと舵を取る。
豊科インターを降り、徐々に真っ暗な山道へ。
ちょうどその晩、TVでクルマに乗って怖い話を聴く番組を観てケラケラ笑っていたのを激しく後悔した。
第一駐車場にギリギリ1台分のスペースを確保したのは3時半。
この時は満天の星空が僕を迎えてくれた…。
仮眠をとろうにもやはり眠れない、流星を3つほど見送ったところでヘッデンを点けて出発。4時。

第一ベンチに着く頃には必要の無くなったヘッデンだが、
電池残量わずかを知らせる赤い点滅を見た時は焦った。反省。
北アルプス三大急登と呼ばれる合戦尾根だが、整備が行き届いており登りやすい。
順調に高度を上げるとともに、すっかり雲の中に。冷たいミストが体を包む。
CTよりずいぶんと早く燕山荘に到着。ここでもう観念した。
何にも見えない。始めから無かったかのように全く見えない。
食事を作る気も起こらず、売店で買ったチップスターを2秒でたいらげる。
湯を沸かしてミルクティーで一服。気温は10℃。サイファースモックを着込む。
その後、幾分重い足取りで燕岳の方へ行くだけ行ってみた。その時の様子は以下の写真で。

c0225852_2224615.jpg
c0225852_22251274.jpg
c0225852_22254743.jpg
c0225852_22263246.jpg
う〜ん、やはりフイルムに傷はいるな。おまけに1本のフイルムには何も写ってなかった。
山行カメラ振り出しに戻る。
そうそう、山と道 ONE、すこぶる調子良く、軽いのは言わずもがな、
ポケットの位置、大きさ、コンプレッションコードの扱いやすさ、最高です。

ピース!! また来るわ!!

c0225852_22374573.jpg
[PR]
by motnorm | 2012-08-15 22:40 | mountains | Comments(4)
黒百合ヒュッテ
c0225852_145192.jpg
北八ヶ岳にある山小屋。
趣といい、佇まいといい、素晴らしいです。

一緒に登ったカメラマンさんがCONTAX T3で撮ってくださいました。素晴らしいです。
[PR]
by motnorm | 2012-08-11 01:49 | mountains | Comments(0)