<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
イブネ
c0225852_2129448.jpg
ずっと行ってみたかった鈴鹿の山々の奥地、イブネに行くことができました。

今回はPIGAタープを完成させたタチ兄貴と行きたかったんですが、スケジュールが合わずソロで。
久々のテント泊、幕はShangri-La1で。ザックは35ℓでジャストサイズ。

c0225852_2130443.jpg
朝明から根の平峠を越えていきます。あぁ、良い雰囲気…。

c0225852_21332750.jpg
ドッシリとしていらっしゃる。

c0225852_21343964.jpg
根の平峠から杉峠まで沢を何度か渡り、気持ちよく歩くことができます。ただ暑い!!!
やっとのことで杉峠に到着。写真はないですが、ひん曲がった杉の木が目印。
ここまで来ればイブネはもうすぐ。佐目峠から急登を経てイブネに到着。
朝明から4時間くらいのロングコース。僕は日帰りだと無理だなぁ。

c0225852_21475885.jpg
到着は13時くらい、早速テントを張って後はな〜んもしない。
ビールなんか飲みながら1160mの山頂ぽっかりゾーンを只々ウロウロ。

c0225852_21484688.jpg
今回は後ろ側のポールを外に出して張りました。
こっちの方が稜線のテンションが掛けやすいような気がしました。

c0225852_21532924.jpg
ハイ! 今日の晩ご飯。
レシピは、Gofanのジャンバラヤをジップロックで袋飯仕様で。
レンジで調理するものですが、お湯を入れて10分くらい、シュラフで保温しながら置いておくと完成。
トッピングは、コンビニのおかずシリーズみたいなののチキンのトマト煮。
各社コンビニがイロイロだしてますね。結構山で使えそう。
今回のチョイス、大正解でした!!!
山で食べる良さを差し引いても、相当おいしい。当然がっつきます。

あれよあれよという間に日も落ち、雲もだいぶ出てきました。
名古屋方面の夜景も霞みがち。
夜更けには風がスンゴイ勢いで通り過ぎていきます。
テントは低めに張ったのですきま風こそあるものの、概ね良好、持ちこたえました。
朝4時、コーヒー入れつつ撤収の準備、相変わらず強風の中。
Shangri-Laは撤収が楽!! 風上のペグだけ残して片付けて、後は幕をクルクルクルっとたぐり寄せて完了。
ガスの中イブネを後に、来た道を朝明に戻ります。帰りは3時間ほど。

やはりイブネは素晴らしかった、何度でも行きたい。
それにShangri-Laがあれば、鈴鹿のいろんなところを満喫できそう。

また計画せねば!!!!
そろそろヒル出没注意ですぞ!!!
[PR]
by motnorm | 2012-04-30 22:16 | mountains | Comments(6)
Golite Shangri-la1
c0225852_23521325.jpg
出会いってあるものですね。ふと入ったセコンドハンドショップで確保。でも使った形跡ナシ!
というわけで、試しばりに近所の河原へ。

シェルターとしては大定番のGolite Shangri-la1。
とりあえずセオリー通り手持ちのトレッキングポール(ブラックダイヤモンド ディスタンス)で。
しかし僕のポールは120cm固定長なので、前室部分は少しオフセットして立てました。

c0225852_003896.jpg
足下部分は3分割のうち、2本を連結して立ててあります。(わかりずらいけど)
一人で寝るくらいなら余裕綽々の広さ。
ペグの位置がむずかしいっす。何度か刺しなおしたけどピンッとはれず。
地面との隙間も設営場所によっては気になるかも。張る練習あるのみか。
床ナシなのでタイベックシートで。

立てた姿を眺めた後は、中に入ってコーヒーでも、っと思ってたら。
水忘れた…。山だったら悲惨。
足下のポールを外に出すパターンも試そうとガイラインも持ってきたのに意気消沈。

しかしながら、この夏は鈴鹿の山々をウロウロしようとしてるんですが、まさにぴったりのシェルター。
軽い!!! 自分の道具はウルトラライトじゃないけれど、チョイ軽ぐらいにはもっていきたいな。
今年のGWあたり鈴鹿のイブネあたりを。イイネ!

それともう一つ、いま復活プラン進行中のマウンテンバイクを漕いで、
近場のキャンプ場へTour de Campなんかもやってみたい。

c0225852_0232287.jpg
viva la montaña!!!
[PR]
by motnorm | 2012-04-16 00:29 | mountains | Comments(6)
お気に入り
c0225852_0541575.jpg
Black DiamondのRPM
日帰り山行から通勤まで、ほぼ365日一緒。もうかなりボロボロ。

仕事帰りのおつかいで、ペットボトルのお茶やらボックスティッシュも余裕で入る包容力。
サイドのメッシュポケットには、ノールックでアクセス!!

日帰りのお山では、先細りのシルエットのおかげか、ウェイトバランスがすこぶる良好。
うまくパッキングするとちょうど肩甲骨のあたりに加重がかかり楽に背負える。
そのおかげか、ウエストベルトも外しっぱなし。
見事なまでのポケットの配置と、全面のバンジーコードも使い勝手良好!!
26ℓとはいえ、夏のタープ泊なら余裕だと思う。

どっかでまた出会ったら迷わず買うと思う逸品。
オークションなんかもたまにチェックしてしまう。

もう一回り大きいBlack DiamondのEPICも使ってるけど、
こいつはこつで、エルゴアクティブサスペンションなる機能で
体の動きからザックのネジレを逃がす機構が気持ちよく良くできてる。

RPMの後継といわれるバーンもリアクティブサスペンションってのが搭載されてるみたいなので、
いちど背負ってみたいなぁ。ってか欲しい。

そうそう、鳩吹山での食事風景。
やっぱりアルコールストーブの火は写ってなかった。
c0225852_1193086.jpg
助六サイコ〜
[PR]
by motnorm | 2012-04-03 01:22 | mountains | Comments(4)