<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ガレージ欲
c0225852_23541688.jpg
果てしなく続くmonster crossへの道…
まずは今付いているパーツを全部外します。
クランク、チェーン、ブレーキ、ハンドル、うんうん順調順調。

そして、第一関門。ボトムブラケット。クランクの根元の軸のパーツです。
ここは雨水などが貯まりやすく、サビなどで固着しやすい箇所です。
固着してると大仕事になるので、祈りつつモンキーレンチに力を入れます。あ、右側は逆ネジだ。
…ヌルッ。あっけなく外せた〜!! ついてるグリスもまだ緑色してる。

で、第二関門。ヘッドパーツ。フレーム本体とフォークを繋ぐパーツです。
このパーツは、ネジでとまっているのではなく圧入されているので、要は無理矢理外します。
…ダメだ。ゴムハンマーで叩いてもびくともせず。自転車屋さんに任せようか…。
今回、スレッドからアヘッドに変更するので、フォークをリプレースします。
自転車パーツにはイロイロ規格があって、古い自転車を再生させようとするともう大変…
このヘッドパーツの規格がわからず、ブリヂストンに電話しました。
そしたらあっさり判明。1990年製 WildWest Trail XX WTX-500。クロモリ製。
当時結構グレードがあって、それのミドルレンジの車種みたい。当時価格79,800円

さぁ、オーダーしてあるアヘッド用のフォークが届いたら、いよいよ塗装へ旅立ちます。楽しみ!!
千里の道も一歩から。every little thing!!

そうそう、今日の写真は、EOS 20Dで撮ったデジタルですが、
DxO FilmPackというソフトで、フイルムのKodak Elite Color 400を再現してます。
なんだか、『…別に。』って感じですね。

あ〜思いっきり自転車いじれるガレージ欲しいな〜
[PR]
by motnorm | 2012-03-28 00:24 | bicycles | Comments(2)
monster cross
c0225852_15591.jpg
最近知った自転車のジャンル。monster cross
上の自転車を始めてみた時、ホントにオーマイガー!!ってなった。
カッコ良すぎでしょ…
で、調べたらどうやらmonster crossというらしい。
大枠として、ベースは29er(29インチのタイヤ)、マウンテンドロップハンドル、でサスなし。
どうにもこうにもアタマから離れない。気になる。

上の自転車は、FIREFLY BICYCLESってトコので、
元 Independent Fabrication のビルダーさんが立ち上げたブランド。
で、チタン、タイタン、チタン!!! むぅ…チタンの響きに弱い僕。

というわけで、
c0225852_274435.jpg
こやつをmonster cross風にコツコツやっていこうと思います。
ってか、思いっきり26インチのタイヤですし。あくまで『風(ふう)』で。
ベースは90'Sバリバリのブリヂストン ワイルドウエスト。
当時としては少しだけホンキなMTBライン、でクロモリ。
それをシングルにしてご近所仕様にしてました。
今はクランクを外して、バラしに取りかかってます。外れるのかBB!!
フレームの塗り直しも視野に入れて、名塗工業さんに見積もりのお願い。
返ってきた返事が、25,000円也…。
いや、こっちで作ったロゴも入れれるし、
塗装のクオリティも高いし(ホントにチタンみたいに塗ってくれる)、安いと思うんです。
でも、悩むなぁ〜。経験としてもアリだと思うしなぁ〜。むぅ

というわけで、悩みの時間もこれまた楽し。といいますように、
ほかにも必要なパーツがあるわけでして。
ちょこまか、bicyclesカテゴリーに登場させようと思ってます。

完成はいつになるやら(遠い目)
上の写真と下の写真がかけ離れすぎてて笑える。

【完成予想図】
c0225852_2264823.png
[PR]
by motnorm | 2012-03-22 02:28 | bicycles | Comments(5)
鳩吹山〜継鹿尾山縦走
久々の山行報告!
春分の日、岐阜県と愛知県の県境、鳩吹山〜継鹿尾(つがお)山を歩いてきました。
前回の山行、ハト峰といい、Pigeonつながりです。ピース!!
では、早速いってみましょう!!
c0225852_233879.jpg
名鉄広見線可児川駅より歩いて大脇登山口より入ります。
いきなりの九十九折りで高度を稼いでいきます。とはいえ、標高300m程度の低山なんで知れてます。
朝7時から登りだしたんですが、地元の方の散歩コースなのか結構人とすれ違いました。
それほど気軽な感じです。
c0225852_23382369.jpg
朝は結構気温も低く、至る所に霜柱が見られました。
太陽が高くなってくるとグングン気温も上がり春らしさ全開です。
羽織っていたジャケットを脱ぎました。Mountain Hard Wearのモノだったんですが、
結構内側が湿気でべっとり濡れてました。透湿性の高い新しいの欲しいなぁ。
c0225852_23441959.jpg
こんな赤い実をつけた木をよく見ました。それと、リス! 目を凝らすとアッチにもコッチにもリス! かわいかったー!
c0225852_23485290.jpg
ほどなくすると展望が開けます。近くに住宅街、遠くには連なる山々。いいコントラスト。
モクモク煙が出てるのは、製紙工場かな。
少し休憩してから先を急ぎます。と思ったらいきなり頂上。
さっきの休憩はなんだったんだ・・・。
c0225852_23545569.jpg
キレイに整備された山頂です。
でも、鳩吹山はコンロも含めて火気厳禁。ナルゲンの水を啜って継鹿尾山へ。
c0225852_00095.jpg
時折アップダウンはありますが、気持ちのよい稜線歩きを楽しみます。
気持ちええわー。独り言も弾みます。
c0225852_032886.jpg
おっ!! そういえば赤松が結構生えてる。なんとなく足下を気にしながら歩いてみましたが、見つかるわけもなく。
歩き続けると、林道と交差する地点に出ます。
ここからは東海自然歩道となり、案内表示の看板も変わります。
継鹿尾山山頂はもうすぐのようです。しかし・・・。
c0225852_0124461.jpg
でた〜〜〜!! 木の階段おばけ。
整備していただいているのは非常にありがたく、頭下がる思いなんですが、
僕コレ苦手なんです。人間工学を全く考慮していない(当たり前)段差の高さ。
一歩の幅も区々なんで、トントントンと登れない。トントントトントントトン・・・。
しかも登り下りを結構繰り返すんです。ここ歩く方は要注意!!
歩道のサイドには時折ベンチがあるんですが、休憩するとすぐ先に目的地点の法則によりちょっと我慢。
c0225852_0195732.jpg
階段キツいぜ!
さあ、山頂に到着!!
c0225852_022514.jpg
ふぅ〜着いたぁ!
ここの東屋からは犬山市を一望できます。国宝犬山城も。
お待ちかねのお昼ご飯です。まだ10時過ぎぐらいでしたけど。
MYOG火器の現場デビューでもあります。アルミホイルで風防をつくりちゃんとお湯も沸かせました。
ただ、アルコールの炎って昼間だと全然見えないので、注意しないと危ないですね。
その様子などを写真でお見せしたいんですけど、この直前にフィルムチェンジしまして、
まだ現像に出せてない・・・。
あ、今回の写真はKyocera T Proofで撮影してます。

というわけで、現像上がり次第続きを書こうかと思います。
(でもね、そんな書くことない!!)
春分の日の山歩き、プチ縦走で大変満足満足!!
[PR]
by motnorm | 2012-03-21 00:29 | mountains | Comments(4)
Kyocera T PROOF
c0225852_23372495.jpg

ドーーーンッ!!!
またカメラ増やしました。

いやいやいや、全然そんなつもりなかったんですよ。
前々から欲しいとは思ってたんですけどね。
テリー・リチャードソンが使ってる。なんて言われて気になっていた、
CONTAX T2そしてKyocera T PROOF(海外ではYASHICA T4だったっけか)
Carl Zeiss T*の呪いにかけられました。

そもそも、いつもブログを拝見しているJUN OSONさん愛用のT2が残念ながら壊れてしまったようで。
聞けば次期カメラはT PROOFなんておっしゃるものですから。

んなもん、人が持っとりゃ、自分も欲しなるやろがい!!

でも、そうは簡単にいかんのです。
ずーっと探してたんです僕。あっちの中古カメラ屋、こっちの中古カメラ屋。
主にジャンクコーナーメインで。ハードオフとかもチェキしたもん。
ふと、頭によぎるオークション。
僕、中古カメラは絶対に見て買いたいんです。納得できないものを側に置いておきたくないんです。
昔、オークションでおかしな商品つかまされましたしね。
『中古カメラは一期一会也』がモットーです。

まぁまぁ、落ち着けと。カッカしなさんな、と。
だら〜っとオークション見てたら、ありましたよコレが。
ダメ元で残り2日、3000円のところを5000円まで入札しときました。
実はこのカメラ、プレミア的なものが付いてましてだいたい1万円くらいはしてるんです。

…その晩。「オークションからメールきとるよ」と奥様。
見たら、「お前の評価なかなかエエから、もう3000円で売ったるわ」(超訳)だって。
えーーーっ!! ほかにも入札してる人いるのに!?
うちの奥さんが昔、アンティークの食器やらをやり取りしていて、それで貯まった評価が功を奏しました!
偉いぞ奥さん!!

とまぁ、これも一期一会なのかと思い、3000円で我が家のカメライフの一員となったわけです。

このカメラの特徴は、いわずもがなレンズがTessar 3.5/35。
一部ではその辺のレンズにコーティングしただけ、なんて言われてますが真価はいかほど。
で、PROOFって言ってる位なんで、軽く防水、ってか防滴。
山なんかで外で使う分にはバッチリですね。
さらに、
c0225852_042547.jpg
液晶の横にナゾの窓があるでしょ。
ナント!!上から覗けるんです! ウエストレベルファインダー的な。
これさりげなく街のスナップなんかでも重宝しそう。
とまあ、カメラの話になると長くなるんで・・・。

まだ、フィルム入れたばかりなので、現像が楽しみです。
はたしてどんな写真が撮れるのか、乞うご期待!!!!
c0225852_084264.jpg
[PR]
by motnorm | 2012-03-12 00:10 | photos | Comments(5)
名古屋ウィメンズマラソン・シティマラソン
2012年3月11日
名古屋国際女子マラソンと名古屋シティマラソンがひとつになった
名古屋マラソンフェスティバルが開催されました。

名古屋ウィメンズマラソンは女性だけのフルマラソンの大会では世界一の規模みたい。
もうね、すごい女性ランナーの数でした、しかも皆さんキレイ・・・。
どこに行けば、そんな皆様にお会いできるんでしょう・・・。

さて、僕が参加したのは名古屋シティマラソン ハーフ。
初ハーフです。前夜は不安で不安でしょうがありませんでした。
ろくな走り込みもせず、いつの間にか当日になってました。
まぁ、毎度のことです。

スタート前に、NIKEのチャリティTシャツを着て、黙祷をささげ、この一年を噛み締めました。

スタートの号砲が鳴ってから、スタートラインを超えるまで8分ほどかかったでしょうか。
これも、まぁ、毎度のことです。参加人数が多いですからね。
最初の10kmは、10km参加のランナーとおしゃべりしながら走ったので、あっという間でした。
10kmコースとハーフコースの分岐からは、完全に一人旅。
前を走るピカチュウの着ぐるみには負けられねぇ。の一心でした。
沿道の応援もありがたく、給水ポイントで空元気のハイタッチ!!

19kmを過ぎた当たりからは、脚がもう残っていません。フラフラでした。
歩いてるランナーもかなり見ました。
『走りにきたんだ、歩きにきたんじゃねぇ』と村上春樹の言葉を思い出し、
無理矢理脚を蹴りだします。

ゴールはなんだか、あっけなく。
もう、お腹空いて空いて、とにかくなにか食べたかったです。
着替えてる横で、おじさんがカステラを食べてました。
猛烈に羨ましくて、まさしく垂涎。
その後配られたバナナのおいしいこと、おいしいこと。

久しぶりの大会だったけど、やはりこの達成感は何事にも代え難いですね。
最高の天気のもと、こうやって走れることに感謝したいです。
目標は2時間10分だったので、まずまずではないでしょうか。
次は5月、ぎふ清流マラソンじゃい!!!!
c0225852_21365979.png
[PR]
by motnorm | 2012-03-11 21:38 | run | Comments(0)