<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
独標 Part3
c0225852_1614558.jpg
6時、お世話になった西穂山荘のテン場を後に、中尾根を下り上高地へと。

目ぼしをつけていた温泉が9時までなので、それに間に合うようにいそいそと。
コースタイムは2時間なので、まぁ大丈夫でしょう。

焼岳との分岐を過ぎると、一気に下っていきます。
途中なだらかな道に出ると、朝の森に囲まれて気持ちよく歩けます。
そしてまたどんどん下っていきます。
ここで登場、トレッキングポール。
この前の御嶽山ではイマイチ使い切れなかったんですが、今回は助かりました。
ポールのおかげでバランスがとりやすく、太もも前側の筋肉の負担も少ないです。
調子良く下っていると後ろから気配が。
さらに上を行くスピードで2人の男女が追い抜いていきました。
『天狗かよ・・・』
なぜそんなどうでもいいことを口走ったのか、天狗なわけないし、鍛えられた足腰なんでしょう。

ほどなくして、梓川の流れる音が聞こえてきました。やっとこさゴールの上高地です。
上高地からの西穂登山口すぐ横の上高地温泉ホテルの日帰り入浴に向かいます。
ザッバーーーンと汗を流し、脚の疲れを癒します。
こういったところにある『茶リンスinシャンプー』やら『茶ボディソープ』なんかの
とりあえずお茶成分を入れてみました、な匂いにも最近では安心感すら覚えます。

お風呂上がりに着替えて、上高地を散策。
ヘルメットぶら下げたクライマーの方やら、金持ちそうなコギレイな奥様まで、
いろんな方々がおりました。でも若干の曇りで少し残念。
食堂に入り、名物ナントカ定食にも目もくれず、カツ丼をオーダー。
お山から下りてくると、とりあえずドシッとしたものを体が欲します。

食堂の窓から河童橋を眺めながら、初めてのテン泊山行も無事終わったな〜とシミジミしていました。
望んでいたような天候ではなかったけれど、どれも素晴らしい経験ができました。
絶対また来よう、今は雲で見えないけれど、そこにはまだまだ素晴らしいお山が待っている!!
そう誓って食堂を後に。
帰り際、食堂の壁に貼ってある『いい旅 夢気分』で紹介されました!と
書いてあるプレートの渡辺徹が名物ナントカ定食を頬張る写真に苦笑いを覚えつつバスターミナルへ。

笑えるほどの強面運転手さん操るバスで、新島々バスターミナル、そして松本へと向かいます。
運転手さんの超絶ドラテクのおかげで、連絡する松本電鉄に間に合いませんでした・・・。
いや、細いトンネル内で立ち往生。どうやら前方で大型バス同士のすれ違いに苦戦中らしい。
『こんな程度のトンネルで苦労してちゃ、さっきまで僕たちが通ってきたトンネルもっと細いよ。』
とプロ目線で都会のバス運転手さんをdisり、車内のムードは和やかに。

強面運転手さんに別れを告げて、松本電鉄で松本駅へ。
お盆の帰省とも重なり、駅はすごい人。直近の名古屋行きはどれも満車。
なんとか、15時発しなの82号のチケットをとるも出発まで2時間。
ロープウェイ待ったり、日の出を待ったり、待つことには自信があったので、
松本市内を散策。朝の連続ドラマ小説の舞台にもなっている様でそのアピールがあちこちに。
お腹もすいたのでなにか食べようにも美味しいお店のアテも無く。
勇気をだして女性に聞くも『知らなーい』と予想通りの返事。
危うくガストに行きかけたところ蕎麦屋を発見。蕎麦とビールっちゅう至福の一時を堪能しました。

そして、しなの82号は名古屋へ向けて出発です。


実は西穂山荘で若い仙台から来たカップルとお話しする機会がありました。
そこではもちろん、震災の話も。
さんざん言われてるだろうと、のど元まで我慢していた震災の話。つい振ってしまった。
もう、悲惨で残酷だと。でも、いつまでもそうは言ってられない。
悲しいこともあるけど、楽しいことも見つけないと。山が楽しいから登るんです、と。
そうだよね、山は楽しいっ! また山で会いましょう!


山間を抜け、ビルが建ち並ぶ名古屋へ到着。
見慣れた景色が違うように見える気がする。たぶん気のせい。
あぁ、終わった。この一人旅、行ってよかった。

充実感が体いっぱいに広がり、この夏の『いい旅 夢気分』は幕を下ろした。
[PR]
by motnorm | 2011-08-17 17:28 | mountains | Comments(0)
独標 Part2
c0225852_14204744.jpg
さあ夜明けです。
いつの間にか眠りに落ちてましたが、21時頃テントを叩く雨音で目を覚ましました。
このとき、背中に違和感が、エアマットの空気がすっかり抜けていたのです。
エアマットはnemoのゾアで、ウレタンも入っているので多少空気が抜けても大丈夫。
でも空気が入っていないと寝心地が悪い。
ムックリ起きて、息をフーフー吹き込みます。結構これシンドイ。

23時頃、温度計を見ると10℃。シュラフはNANGAの250SPDX。
ヒートテックのモモヒキに、Tシャツ&薄手のフリースでヌクヌク眠れました。
その前にエアマットに息をフーフー。

3時頃、周りがガサゴソいいだした。
僕も合わせて出発の準備を始めます。
と言っても、丸山辺りまで日の出を見に行くだけなのでズボンを履いて、ダウンを羽織ります。
適当な丘でじっと太陽が昇るのを待ちます。
持って行くか迷っていたダウンジャケット、持ってきてよかった。
じっとしていると寒い寒い。
快晴とは行きませんでしたが、燃えるお山がそこにドーーーーンと。感動です。

テン場に戻り、朝食&コーヒー、撤収。テントの結露がひどい。
隣のテントからは、まだイビキが聞こえます。お疲れさまです。
まぁ、とにかく荷物をザックに詰め込み、上高地側へ下山開始・・・。急げ〜!
[PR]
by motnorm | 2011-08-17 14:51 | mountains | Comments(0)
独標 Part1
c0225852_21323892.jpg
北アルプスをすこ〜しだけ味わいに行ってまいりました。

8/14の夜に名鉄バスターミナルを出発。
8/15の朝4時に新穂高ロープウェイ駅に到着。
ロープウェイの始発は7:00、ひたすら待つ。その辺をウロウロしながら只ひたすら待つ。
ゲートに徐々に行列ができだした頃に開門、改札。
荷物が8kg超えると追加料金とられます。一発アウトーッ! ザックの重さ13kgでした。

背中の重みにヒーコラヒーコラいいながら50分で西穂山荘が見えました!
c0225852_21422396.jpg
で、でかい!
まぁ、ご立派な山小屋ですこと! 息つく間もなく幕営の受付500円ナリ。
「混雑が予想されますので、つめて張ってください」とのこと。
んで、隅の方にポツネンと。
c0225852_2146967.jpg
でもね、結局この日は20張り程度でテン場はスカスカ。
雨具とエマージェンシーをサブバックに詰め替えて、いざ独標へ。
しばらく行くと、見晴らしの良い丸山に到着。雲行きが怪しくなってきた。
丸山を過ぎてガレ場を登ると、独標への登り。
c0225852_21561857.jpg
クサリもあり、高度もあるので高いところが苦手な人は怖いかも。
んで、ガスガスで視界はナッシング・・・。
そそくさと退散、山小屋に戻り名物のラーメン食べて、山小屋周りをウロウロと。
フリーダム! テントはなんてフリーダム!
気が向いたらゴロリと横になり、暇になってきたら山小屋を偵察しに行ったり。

前日のバスで寝れなかったこともあり、気づいたら寝てました。
まぁ、夜は夜でイロイロあったんですが、一先ずこのへんで。
〆は丸山でのオトボケショットをご覧ください。
丸山でドヤ顔とはナカナカやりおる。(独標でお願いした写真はミスってた、アイツめ・・)
後ろは雲に覆われた笠ヶ岳でしょうか。違う?






c0225852_2235259.jpg
[PR]
by motnorm | 2011-08-16 22:16 | mountains | Comments(0)
衣・食・住
いよいよ、いよいよでございます。
憧れのテント泊山行。テン場は西穗山荘、今回は西穂独標 2,701mまで。

アレ持ってこうとか、コレ要らないとか、
先ずは行ってみて装備は吟味していきましょう。

ザックの中身はこんな感じで。

c0225852_12324280.jpg
左上から
●行動食
●クッカー、ストーブ
●マット
●シュラフ
●テント
●サブバッグ(中身はお風呂セット、テン場に付いたらアタックザックに変身)
●レインジャケット
●レインパンツ
●食料
●ダウンジャケット(要るか?)
●フリース(ダウン持ってくなら要る??)
●着替え
●テントポール
●トレッキングポール
●マップケース(マップ、コンパス、メモ帳)
●プラティパス
●洗面道具(トイレットペーパー、歯ブラシ、ウェットティッシュ)
●ヘッデン
●サングラス
●ザックカバー
●エマージェンシー(薬、ライター、細引き、電池等)
●カメラ(FUJI NATURA)
●ラジオ

無理せずのんびり行ってきます。
山ブログと化すのか!?
[PR]
by motnorm | 2011-08-12 12:37 | mountains | Comments(0)
3067
一ヶ月前から計画していたお山、御嶽山へ。
準備期間はたっぷりあれど、天気まではどうにもならない。
予報では確実に雨。
一緒に行く友人が「レインウェア買ったんっすよw」とのことで決行。

朝5:00、栄Patagonia前に集合、出発。目指すは長野県王滝村、田の原天然自然公園駐車場。
中央道と19号線をひた走り、途中猛烈な雨に降られながらも3時間で標高2180mの駐車場に到着。
御嶽山頂はガスに包まれて見えませんが、雨は降ってない、晴れ間も見えてきた。

9:00、いよいよ登り始め。
登山道は、砂利道→中途半端な高さの木の階段→森林限界を超えて岩、とにかく岩。
1時間ほど歩いて森林限界に出たところで雨が降ってきましたが、レインジャケットとザックカバーでしのぐ。
八合目からは岩の連続する結構な急登。高度のせいか息もあがって休憩多めでボチボチと。

11:00、王滝山頂に到着。そこから剣が峰に向けて出発。
風はなく雨も上がって剣が峰がガスの間から顔を出してます。
その傍らには火山ガスが噴き出して少し硫黄臭い。
30分程で3067m剣が峰山頂に到着。展望は全くナシ。
山頂神社の裏手からはきれいなグリーンのニノ池が見えます。

c0225852_22302999.jpg

一先ず王滝山頂まで下りてきて山小屋のベンチで昼食。
いつものようにカップラーメン、今回新登場のソーセージ。
人の分まで水を担ぎ上げるのは辞めようと思った。荷物の軽さは正義!

さて、そそくさと下山開始。ここで新兵器トレッキングポール!
・・・ダメだわ。全然使いこなせなくて2度も転倒。結局ザックのポケットへ、情けない。
と、どこからともなく『クー、クー』と鳴き声が。
雷鳥の親子登場! 目の前を横切っていきました。あんなに可愛いとは思ってなかったです。
後続のパーティーに教えたら、奥様えらく興奮してました。

若干言葉少なめで無事駐車場まで下りてきました。
お待ちかね温泉タイムへ突入。目指すは王滝の湯。
猿がにらみを利かせる砂利道を2kmも走らされて僕は涙目。助手席のヤツは寝息を立てている・・・。
ヒノキでできたこじんまりとした温泉。鉄分豊富なかけ流しの湯船からは御嶽山が望めます。
一応、秘湯と呼ばれてるみたいですが、僕たちの後にお客さんもチラホラ見えました。
五平餅定食(そばmeets五平餅)を食べてひた走り名古屋へ。

快晴の日を狙ってリベンジを誓いましたが、トラブルもなく楽しい山行でした。
でも、ヤツが「雨大丈夫っすよw さすが!俺、晴れ男なんっすよw」って行ってましたが。
ヤツと行くと雨には降られてないが、展望はゼロなんだよな・・・。

まぁ、楽しいのでOK牧場
c0225852_22324075.jpg
[PR]
by motnorm | 2011-08-03 22:34 | mountains | Comments(0)