カテゴリ:mountains( 89 )
SNOWTOY
雪板、という言葉を聞いたのは一昨年の秋ぐらいにケンちゃんから作ろうぜ! と話を聞かせてもらった時。結局その年は作ることはなかったのだけれど、調べるだけ調べて作り方はなんとなく把握していた。そして、昨年の冬に、ふとその話をゴーくんにすると… 「ベニヤ買ってきたw」とのメッセージとともに画像が添付されていた。それからはお互いの作業状況を報告しながら、ああでもない、こうでもない、と。木工の経験がなくとも“なんとなく”できてしまう雪板。あえて僕はSNOWTOYと呼びたいが、“なんとなく”画像を残しておこうと思う。
「雪板 自作 作り方」なんかでググると、先人たちのわかりやすいホームページがいくつかあるので作り方はすぐに理解できると思う。僕の場合スノーボード経験もなく、雪国育ちでもないので、あえてスケートボードからのアプローチで作ろうと決めていた。結果全長890mmという短めな設定になった。

c0225852_15393046.jpg
ホームセンターで2.5mm厚のベニヤ板を6等分してもらう。これがそのままSNOWTOYの大まかなサイズになる。

c0225852_15404931.jpg
4枚を木工用ボンドで貼り合わせ、ノーズとテールを適当に反らせて木ネジで固定する。

c0225852_15423433.jpg
3〜4日放置して木ネジを取り外す。これから好きなかたちに切り出す。

c0225852_1543573.jpg
ホームセンターでジグソーをレンタルしてきて切り出す。ジグソーは2泊3日で250円で借りることができた。一人で作業するため小さな万力も数百円で購入。

c0225852_1546161.jpg
サンディングをしてニスを塗る。このサンディングが一番重要で時間を掛けるべきだと思う。ニスがけも、塗ってはサンディングを数回繰り返す。僕はノーズに穴を開けて紐でハンドルを付けた。

c0225852_1549113.jpg
滑り止めには砂をまいてニスで固める方法が一般的なようだが、スケートボードアプローチなのでモブグリップで。さらにJIM PHILLPSのスクリーミングハンドで気分を盛りあげる。

c0225852_15533659.jpg
滑走面はこんな感じ。ツルツルにしすぎるのもNGという事で程々に。

c0225852_1555490.jpg
いよいよ完成。このサイズだとパウダーでは浮かないとの報告もありw ザックへ取り付けた時になるべく負担を減らしたかったというのもこのサイズにした理由。


ドカーと降った雪ですが、藤原岳の山頂で雪上パンプトラックでも作って遊びたいですね。
[PR]
by motnorm | 2017-01-18 16:00 | mountains
街でも、むしろ街で。
c0225852_2227641.jpg

山で機能的なものはもちろん都市生活でも便利なわけで。
とはいえ、どこに行くんだ?というようなハイスペックなものは僕には不必要。

山と道のロングパンツはほぼ毎日履いている。無論、夏はショートパンツになる訳だが。なるべく手ぶらでウロウロしたい僕は、このパンツのポケットに無造作に財布やスマートフォン、鍵などをつっこむ。そうなった時でも動きを妨げることもなく、しなやかな生地は自転車でもストレスなく、ありがちなお尻の破れもなく、2色をローテーションしている。黒いパッカブルはmontbell-USAのタキオンアノラックでいわゆるプルオーバーのウインドシャツである。50gと軽量でうすら寒い時や小雨が降るときにパッと羽織れて便利。赤い傘はこれまたmonbellのトラベルアンブレラで、タキオンアノラックと同素材で86gとこれまた軽い。山では傘を使わないが、街ではそういう訳にもいかず、タキオンアノラックとトラベルアンブレラはカバンに常駐させている。

街でもやっぱり荷物は軽いほうが良いですよね。
[PR]
by motnorm | 2016-12-28 22:28 | mountains
新しいシュラフ
c0225852_2341129.jpg
FEATHERED FRIENDS Vireo UL
使い古した3シーズンシュラフをそろそろ新調したいと思いウロウロ探していて見つけたこのシュラフ。
寒がりの僕でも0℃くらいなら余裕で、かつ500gを切る重量がまさに探していたものとぴったり。
この軽さは生地のPertex Endurance ULの恩恵なのだろう。
また特徴的なのは下半身-4℃、上半身7℃対応でダウンの充填量を変えている為、
就寝時の上着の調整でかなりの温度帯域をカバーできるのでシュラフ単体で無駄な重量増をせずに済む。
そのため上半身部分はバフバフのダウンジャケットを着込んでもロフトをつぶさないように余裕のある作り、
逆に下半身はムチムチに充填されたダウンが足を包んであたたか〜い。
意外と気温の低かったOMMや九州で行われたHAPPY HAIKER'S HOKKEIN GARHERINGでも大活躍した。
つまり、これすごくイイ!! この冬は雪山にも持ち出してみよう。

c0225852_2342156.jpg
[PR]
by motnorm | 2016-12-21 23:42 | mountains
Imo Pack
c0225852_23224910.jpg
c0225852_23225522.jpg
c0225852_23223959.jpg


これで良い、これが良い。
そんな事をハッと思わせてくれるザック。
ks ultralight gear Imo Pack

ks ultralight gearのサイトを見ていただくと
オプション満載の画像しか掲載されていないのでアレだが、
これが素のImo Packだ。
オプション満載化の発端はケンちゃんのブログに詳しい。

これで良い、これが良い。
[PR]
by motnorm | 2016-11-20 23:26 | mountains
OMM JAPAN 2016
c0225852_18525033.jpg

今年のOMMはどピーカン。とはいえ最低気温は-5℃だったよう。
今回は、2日間とも最後までダレることなくプッシュできたんじゃないでしょうか。
1日目の60ポイントを時間切れでキャッチできなかったのが悔やまれるが、それはそれ。
また来年!

主な装備は…
OMM classic 25
FEATHERED FRIENDS Viero UL
SOL Emergency Bivvy(改)
SOL Heavy Duty Emergency Blanket(カット済)
KLYMIT INERTIA OZONE
山と道 Minimaiist pad
mont-bell EX LIGHT DOWN ANORAK
NANGA down pants
TERRA NOVA Extremities Primaloft Touch Glove
HOUDINI Airborn Chimney
MONTANE Minimus Smock
Patagonia Thermal Weight Zip-Neck Hoody
Tetonbros wool baselayer
ARC'TERYX Trino Tight
finetrack スキンメッシュタイツ
Drymax socks
ALTRA PARADIGM 2.0
水、食料、ガスストーブ、etc.
パックウェイト4.8kg
[PR]
by motnorm | 2016-11-15 18:53 | mountains
藤原 to 御在所
夏も終わり、秋がそこまで来ているこの季節はしっかり歩くハイキングに最適である。
というわけで、藤原岳から御在所岳まで鈴鹿山脈のメインどころを歩いてきました。

鈴鹿山脈の山々の中でこの二山をつなげた理由は、
いずれも電車でのアクセスが容易なためデポしたクルマを取りに戻らなくていいのである。
今回はシクロクロスレーサーでもあるゴウくんと一緒にクルマで行ったんですけどねw

それでは参りましょう。

c0225852_11442012.jpg
藤原岳大貝戸登山口を7時にスタート。心配された雨はほぼ止み、TetonBrosのレインパンツのテストは次の機会に。
当たり前だが、(この後のハードさも知らず)まだ元気。


c0225852_11453745.jpg
山荘から三角点までガスガスです。走れるところは走りますよ。
山荘では2組が休憩しておりました。


c0225852_11472982.jpg
藤原岳山頂。猛烈な風が吹き抜ける。8合目くらいまではヒルパラダイス。シューズに登ってくる彼らを摘みながら歩く。
ペースが速いのでジャケットを着たり脱いだりを繰り返す、暑い。


c0225852_11503283.jpg
藤原岳からの下りはガレガレで苦労する。濡れた岩場では踏ん張りが利かず脚を必要以上に酷使することに…
竜ヶ岳をめざしアップダウンを繰り返す。


c0225852_11541970.jpg
姿を現す竜ヶ岳。経験したことがないような猛烈な西風が襲いかかる。

c0225852_11562039.jpg
ポーズをとっている訳ではなく、マジで吹き飛ばされそうなのを耐えている。
自然界のフォルムを取り入れたトレッキングポール「枝」はULではないがシックリと手に馴染む。(片一方は重いので途中で捨てたw)


c0225852_125759.jpg
すでに下りでの脚の踏ん張りがピンチw 石榑峠でお昼休憩。
僕が持っている山と高原地図には記載がないが、2016年のものは石榑峠から三重県に下ったところに水場マークがある。
痩せた尾根では強風に吹かれて落っこちるとハイおしまい。
疲労度ほぼマックスで八風峠に到着。僕はもうフラフラw 前回挑戦した時はここでリタイヤしたっけ。誰かといるのは心強い。
コースタイムを計算して日没までにハト峰まで行けるだろうと先を急ぐ。


c0225852_12162090.jpg
17:30ハト峰に到着。1日目はここまで。やっと休めるw

c0225852_1218398.jpg
風の避けれる場所を探しタープを張る。僕はズッカくんから譲り受けたシルタープ、ゴウくんはTerra NovaのTarp Shelter
Tarp Shelterは独特な手触りで良く伸びて張りやすそうだった。


c0225852_12223440.jpg
寝床はこんな感じです。エマージェンシーシート、KLYMIT STATIC V Junior、eVentビビィ、イスカ130x。
ウェアはウールロングにmont-bell EX LIGHT DOWN ANORAK、OMM Aether Smock。
下半身はMontaneのウールとプリマロフト糸がミックスされたタイツ。ソックスは寝ている間に脱いでいた。
最低気温は5℃  結露がひどかったがビビィのおかげでシュラフを濡らすことなく済んだ。
ビビィの上を結露の水滴がコロコロと流れていくので撤収も非常に楽である。


c0225852_12312811.jpg
藤原岳から根の平峠まで来たと思うと感慨深い。
途中、四日市市のアウトドアショップModerateのご一行様とすれ違う。差し入れありがとうございます〜!
根の平峠で新たな「枝」を手に入れダブルストックに。(多分この枝前に僕が使ったヤツw)


c0225852_1234079.jpg
国見岳山頂で差し入れでいただいたNUTTY HONEYを食べる。うまい! ソフトとハードがあって僕はハードの方が好みかも。
国見と言うだけあり、名古屋から伊勢志摩方面までぐるりと見渡せる。
国見岳から御在所はもうすぐそこ! あそこに行けばコーラが飲める!!!


c0225852_12394838.jpg
ついに御在所岳に到着! ロープウェイで上がってこられるのでドロドロで疲労困憊の人は僕ら以外には見当たらない。
いろんな人に「枝」を褒めてもらうw
中道を下って下山したが、マジで脚が終わっていたので今までで一番ツライ下りであった…



こうしてやっとこさ藤原 to 御在所を歩けた訳であるが、とにかくパワー不足を感じた。
もっとビシバシ鍛えて来年はもっと楽しめるゾーンを増やしていこう。
とは言え、終わってみると全部の行程が楽しかったんですけどね。

c0225852_12511517.jpg
c0225852_12513976.jpg
[PR]
by motnorm | 2016-10-11 12:55 | mountains
Pot in Pot
雨の休日、せっかくなのでレインウェアの感触を確かめにいつもの山へ。
………誰かレインパンツのファイナルアンサー教えて!

c0225852_17182155.jpg
ところで、焚き火のゆらめく火を眺めて癒される焚き火セラピー。うん、わかります。
というわけで、もうもうと立ち上がる湯気を眺めて癒される、名づけてKettle healing。意外とイケる。

湯沸しといえば、お気に入りはIf you haveのPound Cup
これひとつで十分使い勝手がいいのだけれど、
「夕食に汁物を食べて、朝食は残りのスープにおにぎり入れて雑炊にでもしよう。」
こうなると食後のコーヒーのお湯は何で沸かす? となるわけです。
誰かと一緒なら、ちょっとお湯ちょうだいって言えますけどw

簡単な話で鍋を2つ持って行きますよね。
今までは、ミニトラにPound Cupを入れていたのですが。
これからは…

c0225852_17193483.jpg
左上がPound Cup、その右がハンドルを外したベルモントのチタンシェラカップ深型600

c0225852_1722561.jpg
Pound Cupはこんな感じで使います。ただこの風防、Toaksの風防を切った自作のものだが、目と鼻に強烈な刺激臭がする時があるのです。僕のだけ? 我慢ならずにIf you haveのTiMNEYセットをオーダーした。
※いろんな方にアドバイスをいただき、風防の穴が足りてないことによる不完全燃焼との答えが出ました。自作のオモシロさ、コミュニティの方々の親切さ、ハイカーズカルチャー万歳!

c0225852_17264244.jpg
ベルモントの時は、チタンペグでも渡して五徳にします。ポイントは、蓋とハンドルが共用できるのです。共用できるのです!

c0225852_1729339.jpg
気持ちよく収まります。フォールドアカップも入ります。

c0225852_17302211.jpg
こんな感じで170gです。

秋のハイキング、良いですね。行きたいですね。

[PR]
by motnorm | 2016-09-22 17:35 | mountains
藤原岳〜御在所岳の近く(でも寝坊)
タイトルの通り、藤原岳〜御在所岳まで1泊での山行計画。
以前トライしたことがあったけど、その時は猛暑と水切れで途中でリタイヤしたので
今回は“リベンジ”というべきか。

藤原岳からしばらくは水場がないので要注意。
石榑峠を少し下りたところにあるらしいが未確認である。
そんな訳で水2ℓをザックに入れたため期待とは裏腹にザックは重い。
そして期待とは裏腹に寝坊した…w

気を取り直して近鉄湯の山温泉駅を起点に朝明渓谷まで歩いて
そこからおなじみタケ谷で寝て、御在所岳の登山道を使って駅に戻るルートを選択。

それでは参りましょう。

c0225852_17503075.jpg
久しぶりに来た湯の山温泉。人もまばら寂しい限り


c0225852_1753142.jpg
鈴鹿スカイラインに出て希望荘の駐車場を横切って東海自然歩道の入り口がある


c0225852_1754481.jpg
朝明渓谷まで2.5kmとあるが、おそらく間違い。倍くらいあるのではないだろうか


c0225852_17585920.jpg
小さな沢沿いを歩く。道は整備されとても歩きやすい。この日は暑くウールのベースレイヤーのみ


c0225852_181327.jpg
この道は笠岳とネコへと続く。ネコ?と思い行ってみるがめんどくさくなり引き返す


c0225852_1823443.jpg
冬はグリーンのニットキャップだったけど、春夏はハット推しでいくのでよろしくお願いします


c0225852_1843169.jpg
今まで車でしかアクセスしたことのない朝明駐車場に歩いて到着。駅から3時間。それにしてもすごい数の車


c0225852_1864211.jpg
タケ谷に到着するもタッチの差で先客が。というわけで少し愛知川上流のビーチにて


c0225852_1895548.jpg
おやつはかりんとう、これにいもけんぴをプラスしている


c0225852_18115429.jpg
ファイヤーピットがあったので使わせてもらう。寝床はビビィにハイカーズデポの化繊キルト+ダウン上下。
ソロならこの場所の方が良いが雨が降ると流されそうなので要注意



c0225852_18182762.jpg
極限までお腹を空かせて食べるインスタントラーメンの味とは? の実験のため極限までお腹を空かせてラーメンを食べる。味は普通。
クリーンカンティーンにセイシェルの頭が付くが、僕のは横から漏れるので浄水された水と現地の水とのハイブリッド。
この辺りの水でお腹痛くなったことはない。そもそも普段浄水しないw



c0225852_18232781.jpg
夜は結構飛行機の往来が激しいんだなと夜空を眺めているうちに寝落ち。翌日は上水晶谷から地獄谷をいく


c0225852_18254836.jpg
国見峠にでた。天気は良いが風が強い。


c0225852_18271931.jpg
御在所岳のレーダー雨量計を眺めて御在所岳はパス。裏道登山道で下山


c0225852_18311144.jpg
裏道登山道はクライマー以外立ち入り禁止の藤内壁へのルートでもある。
ヘルメット、ハーネスを装備したクライマーと多くすれ違う



c0225852_18333511.jpg
話はワープして、温泉施設アクアイグニスで汗を流し、四日市市街までくるとほぼ寄るのが四日市飯店。
僕がいつもオーダーするのは「牛肉飯(ニューローハン)」うまい!
他にもカレー中華飯などおすすめメニュー盛りだくさんなので、とんてきも良いですけど一度四日市飯店行ってみて!



またしても藤原岳〜御在所岳に失敗したわけだが、
それはそれ、これはこれ。とても良い山行でした。
シーズン始まった感がきてますね。


















c0225852_18445567.jpg
牛肉飯を頬張るココタくん (去年の夏)
[PR]
by motnorm | 2016-05-01 18:49 | mountains
雪の御池岳
鈴鹿山脈北部そして最高峰の山、御池岳にスノーハイキングへ。
雪が少ないと言われる今冬、おそらく最後の雪中泊になるだろう。
雪山が久しぶりすぎて奥にしまいこんだ道具を引っ張り出したおかげで
前日の準備は深夜にまでおよんだ。
集合の7時には皆キッチリ集まり一路鈴鹿へ。
買出し後の朝マックでシッカリ話し込み歩き出したのは10時過ぎ。
コグルミ谷手前の65.8取付きからスタート。
では参りましょう。

c0225852_22161881.jpg
コグルミ谷右岸尾根を行く。中々の急登でかなりしんどい。皆んなに追いついたらそこはカタクリ峠


c0225852_2225133.jpg
鈴北岳の分岐で一休み。尾根に乗ったままでうっかり鈴北岳方面に歩いてしまって少し戻ったり


c0225852_22285443.jpg
歩き始めから3時間で御池岳、そして幕営地へ。曇りというか、すっかり雲の中で時折細かな雪が舞う。
ゴロリとしながらおにぎりをたべるカミさん。僕の寝床はeVentビビィにネオエアーXサーモ、HammockGearのキルト



c0225852_22362513.jpg
LocusGearのメンカウラとカフラ。カフラは食堂および僕とカミさんの寝室


c0225852_22395410.jpg
食事タイム。この後5時間にわたり食べ続ける。けんちゃん手製のもつ鍋はとても美味しく、この時生まれて初めて食べた「もつ鍋」は好物の一つになった。僕は頂き物の「博多水炊き」の缶に入ったスープに野菜を入れて。カミさんは味仙の麻婆豆腐。そしておつまみ鶏。もつ鍋の〆にラーメン。水炊きのスープにはたらこのおにぎりと高菜のおにぎりを投入して雑炊に。いずれも美味


c0225852_2247022.jpg
翌朝。素晴らしいの一言


c0225852_22502210.jpg
風もなく静かな夜だった


c0225852_22513974.jpg
伊勢湾から太陽が赤く染める


c0225852_22525520.jpg
今日はいい日になりそうである


そんなこんなで帰路は一気に下り2時間もかからず下山。
けんちゃんがシリセードでとんでもない谷底に落ちそうになったこと以外は平和でした。
無事止まったのでゲラゲラ笑っていましたがw

また来年も雪山楽しくいきましょうね。
家でテント干そうとしたら、雪がドバドバ出てきた…
[PR]
by motnorm | 2016-02-07 23:00 | mountains
ASAKE ROUND HIKING 10K 【鈴鹿】
あけましておめでとうございます。
例年だと雪の藤原岳に正月登山に行くはずがこの暖かさ。
時間が取れなかったので日帰りで朝明駐車場からグルッと周回。
ルートは猫谷からハト峰に登り、県境尾根を伝ってハライドから駐車場に降りる。
いや、途中の根の平峠で降りるべきだったか、のんびりハイキングのつもりがトレーニングに。
では、参りましょう。

c0225852_2201113.jpg
猫谷を詰めます。雪はなし

c0225852_2214586.jpg
暑い。丘の上に十字架が

c0225852_224010.jpg
ハト峰から向かう方向を望む。石を並べて文字が書いてあるが読めない

c0225852_2273659.jpg
先を急ぎましょう。この日のウェアは薄いフリースのロンTにGammaARパンツ、モコモコのフリースは休憩時のみ。とにかく暑い

c0225852_22121486.jpg
雪踏んだり

c0225852_22131278.jpg
快晴。めずらしくこんな日は森を歩く気にはならなかったので稜線を行く

c0225852_22143824.jpg
アップダウンも激しく脚にくる。金山や水晶岳(鈴鹿にもある)寄り道。

c0225852_22163386.jpg
裏釈迦

c0225852_22172257.jpg
おなじみ根の平峠。お腹空いたけれどアーモンドチョコで我慢

c0225852_22183046.jpg
高度が900mを超えたあたりから雪の残る道に。結局チェーンスパイクは使用せず

c0225852_22211860.jpg
いつか落ちる

c0225852_2222366.jpg
チン岩「きのこ岩」でおにぎりをほおばる。風が強く吹く。山専ボトルにコーヒー入れて、熱々が嬉しい

c0225852_22251636.jpg
ハライドから駐車場へ。この辺りは激登り激下りで骨が折れる。おまけにこの前怪我した足を岩にぶつけるヘマをしまたしても大流血w

グルッとちょうど10km5時間。走ったらしんどいだろうな。
新年早々良いトレーニングになりました。ありがとうございました。
今年も鈴鹿をたっぷりと楽しみたいと思います。

c0225852_22362870.png
[PR]
by motnorm | 2016-01-03 22:36 | mountains