カテゴリ:MYOG( 3 )
MYOG Handle-bar bag X-Pac
c0225852_15263550.jpg


週末のイベント「RIDEALIVE2015」に向けて自転車のハンドルバーバッグをMYOGしました。

MYOGと言えるのか… 筒状にしたX-Pacの上下をロールクロージャーにしてベルトループを付けただけ。
ただ、市販のものだと大きすぎたり小さすぎたりで自分の欲しいサイズがなかったので作って良かった。
買うと高いし… 手持ちの生地があったのでバックルやウェビングベルトで1000円くらいでできました。

大きめの防水サックを使用すれば、ラダーロックストラップ4本とテープアジャスター2個で
ミシンを使わず簡単にできますよ。(ヘッドチューブとバッグが擦れるので対策は必要です)

前回のトラパでは、いくら荷物が軽いからといってもバックパックを背負っていると
腰の負担はかなりあったのでこれで楽になるといいな。今回2日間で120km走るのかよ…
[PR]
by motnorm | 2015-08-27 15:40 | MYOG | Comments(0)
FINISHER T-shirts
c0225852_20435970.jpg
TAR(Tokai Air Runners)としてはじめてのTシャツをMOOG(Make Our Own Gear)しました。

Tシャツくんを所有しているワッキーにシルクスクリーンの版を作ってもらいました。
個人レベルで比較的気軽に本格的なシルクスクリーンプリントができるのは魅力的ですね。欲しい…
「比較的気軽」と書いたのは、作業がけっこう大変で一人ですべてこなすのは厳しいかな…
という訳で、ワッキーと、そして飲みに行くはずだったケンちゃんの3人で作業開始。

c0225852_205113100.jpg
後ろの首もとに入れる小さなプリントから、練習もかねて。
ペットリとインクをのせてスーーーーッとスキージーを引きます。
何度か往復させて緊張のご対面。ゆっくりと版を持ち上げます。

c0225852_20543488.jpg
c0225852_20554699.jpg
なかなか良い感じではないでしょうか。期待が膨らみます。
フロントは少しプリントサイズが大きいのでさらに気合いを入れ直します。
かなりコツをつかんだのではないでしょうか、かなり上出来!

c0225852_20583186.jpg
ドライヤーで乾燥させて、インクを定着させるためにアイロンをかけます。
この作業も枚数が多いと大変ですね。

ついに完成! かなりヘトヘトになりました。(ケンちゃんは完全に飽きてたw 僕の顔は崩壊。

c0225852_2171593.jpg
c0225852_211089.jpg
というわけで、もしも欲しいという方がございましたら声をかけてみてください。
カラーは上記の2色です。ボディはユナイテッドアスレのトライブレンドです。
納期、価格(2000円くらい)は未定ですが数がまとまれば製作をしたいと思います。
[PR]
by motnorm | 2014-10-04 21:15 | MYOG | Comments(0)
motnorm backpack 1st
ついに、いよいよ、バックパックをMYOG【Make Your Own Gear】ってみました。
MLDのNewtのようなシンプルで小振りなバックパックを目指していたんですが…

c0225852_1231445.jpg
素材はX-PacのVX03といわれる軽量なもの、山と道のスタッフサックと同じ素材ですね。

c0225852_1235938.jpg
c0225852_1239693.jpg
出し入れはシンプルなロールトップで。バックルにはワッキーからいただいたものを使いました。
最後まで悩んだショルダーパッドは、
X-Pacと2枚重ねの3Dメッシュを一緒に縫って裏返すという方法にしました。
軽くて適度な厚みのある理想的なものになりひと安心。
スターナムストラップは付けませんでしたが、必要とあればまた縫えば良いですしね。

c0225852_1240515.jpg
ミシンのスキルがないので、このあたりの処理もなるべく縫う回数を減らす方向で。

c0225852_12423069.jpg
c0225852_12434467.jpg
オプションとして、Zpacksのマルチポーチを取り付けられるようバックルを追加しました。
実際、使うかどうかは微妙ですけど、こういった自由さがMYOGの醍醐味ですね。

c0225852_12515988.jpg
実際背負ってみて。(おじさんは無視してください)
思っていたものより大きなサイズになってしまいました。
Gossamer Gearのミニマリストに入れていた鈴鹿一泊の装備を入れても余裕があります。
シュラフは持っていかないつもりだったんですけれど、持っていこうかな…
おそらく30ℓくらいはありそうです。重さは214g。背負い心地は窮屈さもなく快適。

まだ生地が余っているので、日帰り仕様のこんどこそ小振りなものを作ってみよう。

本当に自分で作ったバックパックが山で使えるのか?
使えるなら、こんなにワクワクすることはないですね。

春が来ています。ポカポカの山が恋しくなってきました。
[PR]
by motnorm | 2014-03-22 13:11 | MYOG | Comments(0)