HAPPY HIKERS HOKKEIN GATHERING
修学旅行依頼だなぁ、九州。しかもたくさんのハイカーが集まるなんて!

法華院温泉山荘で開催された、HAPPY HIKERS HOKKEIN GATHERINGに遊びにいってきました。
初めての九州のハイク、久しぶりに会う友人、ずっとずっと会いたかった人。最高の天気。
何よりも九州の方々のあたたかいおもてなしに感激した最高の旅でした。

では、参りましょう。

c0225852_10254997.jpg
名古屋空港から飛行機で1時間ちょっとで福岡に到着。時間軸でいえばとっても近い九州。


c0225852_10272242.jpg
福岡空港からレンタカーに乗り一路牧ノ戸登山口へ向かう。途中のサービスエリアでうどんを補給。うまい!

c0225852_1029314.jpg
お昼前にハイクアップ開始。この青い空、否応無しに高まる。

c0225852_10301243.jpg
歩きやすい道が続き、目に飛び込む山容にいちいち感歎の声を上げる。否応無しに高まる。

c0225852_10322241.jpg
久住山が姿を現す。たくさんのハイカーがそこを目指して歩いている。僕らは登らなかったのだが、否応無しに高まる。

c0225852_10365936.jpg
久住山避難小屋の前で休憩。否応無しに高まる。

c0225852_10394387.jpg
久住分かれと言われる分岐から一気に谷を下りる。するとこの景色が広がる… なんじゃこりゃー! 奥に見えるのは雲ではなく噴煙。
そう、否応無しに高まる。



もう一つ谷を下りると法華院温泉山荘に到着。上から見るとテントがたくさん張られているのが見える。
まるでドラクエの村に到着したみたいだ。HPがフル回復する温泉があるに違いない。
早速、テン場まで案内してもらい寝床を作り夜の準備を進める。
山荘に戻りおしゃべりは続く。
そして夜に開催された懇親会では日本酒を飲みながら騒がしく、そして楽しく過ごす。
チャリティーオークションでEDITのステッカーやTシャツに手を挙げてくれた方ありがとうございます!
この日の夜は長かった。


c0225852_10524768.jpg
談話室で談話が続く。もちろん温泉も堪能。ポカポカでさらに談話も続くw
深夜2時頃まで楽しいひと時を堪能する。締めの話は山での怖い話w
前情報では−5℃程まで下がると言われていたこの夜はとても暖かく、グッスリ眠ることができたのだが…
早朝からKamimura Coffeeを求める行列の声で起床。
そういえば3シーズンのシュラフを新調した。FEATHERED FRIENDSのViero ULというダウンバッグ。
950フィルのダウンを250g入れて総重量450gという軽さは嬉しい。


c0225852_1143458.jpg
翌日も快晴。この日に帰らねばならないのだがもっとここに居たい。「キューちゃん、おしゃべりして」
HAPPY HIKERS HOKKEIN GATHERINGには様々なワークショップも開催されており、
僕はHiker's Depotの土屋さんによるパッキングクリニックに参加。
パッキングにダメ出しされるという噂で怖じけづいた僕は遠くから眺めていようと思っていたのだが…
参加された方のなかでザックを持ってきている人は僕を含め2名で…おいw!!
パッキングの悩みに丁寧に解説していただき頷いていると、やってきましたザックの中身公開処刑w
土屋さんが僕のザックから荷物を出して並べていく… なにこの緊張感w
「スタイルがあってグッド!」と言われてマジで胸をなでおろす。ありがとうございました。
この後行われていたライター三田さんの「日本ULハイク/コテージインダストリー史概論」が
すごく気になっていたのだけれど、下山時間に追われ聴けず…
どこかで発表してくれないかなぁ



名残惜しいがみんなにさよならを言って下山開始。あーあ、終わっちゃった…
下山後は、ジャッキーボーイスリムとOSONくんと合流し温泉へ。
〆にふさわしい食事をという事でJBSがITを駆使して(食べログ)ラーメン屋さんを検索、そこに向かうことに。

c0225852_11201692.jpg
お、おいしかったです。ありがとうジャッキー!


そんなこんなであっという間の九州ハイクトリップ。
おかげでとっても楽しく、濃厚な時間を過ごすことができました、そうあのとんこつスープのようなね!

もっとゆっくりしたかったけれど、また来ればいいよね。その時までまたね!

HAPPY HIKERS!!!!
[PR]
by motnorm | 2016-11-07 16:39
<< Altra Instinct ... 藤原 to 御在所 >>