Pot in Pot
雨の休日、せっかくなのでレインウェアの感触を確かめにいつもの山へ。
………誰かレインパンツのファイナルアンサー教えて!

c0225852_17182155.jpg
ところで、焚き火のゆらめく火を眺めて癒される焚き火セラピー。うん、わかります。
というわけで、もうもうと立ち上がる湯気を眺めて癒される、名づけてKettle healing。意外とイケる。

湯沸しといえば、お気に入りはIf you haveのPound Cup
これひとつで十分使い勝手がいいのだけれど、
「夕食に汁物を食べて、朝食は残りのスープにおにぎり入れて雑炊にでもしよう。」
こうなると食後のコーヒーのお湯は何で沸かす? となるわけです。
誰かと一緒なら、ちょっとお湯ちょうだいって言えますけどw

簡単な話で鍋を2つ持って行きますよね。
今までは、ミニトラにPound Cupを入れていたのですが。
これからは…

c0225852_17193483.jpg
左上がPound Cup、その右がハンドルを外したベルモントのチタンシェラカップ深型600

c0225852_1722561.jpg
Pound Cupはこんな感じで使います。ただこの風防、Toaksの風防を切った自作のものだが、目と鼻に強烈な刺激臭がする時があるのです。僕のだけ? 我慢ならずにIf you haveのTiMNEYセットをオーダーした。
※いろんな方にアドバイスをいただき、風防の穴が足りてないことによる不完全燃焼との答えが出ました。自作のオモシロさ、コミュニティの方々の親切さ、ハイカーズカルチャー万歳!

c0225852_17264244.jpg
ベルモントの時は、チタンペグでも渡して五徳にします。ポイントは、蓋とハンドルが共用できるのです。共用できるのです!

c0225852_1729339.jpg
気持ちよく収まります。フォールドアカップも入ります。

c0225852_17302211.jpg
こんな感じで170gです。

秋のハイキング、良いですね。行きたいですね。

[PR]
by motnorm | 2016-09-22 17:35 | mountains
<< 藤原 to 御在所 ウルトラでコテンパンにされたけど… >>