雪の御池岳
鈴鹿山脈北部そして最高峰の山、御池岳にスノーハイキングへ。
雪が少ないと言われる今冬、おそらく最後の雪中泊になるだろう。
雪山が久しぶりすぎて奥にしまいこんだ道具を引っ張り出したおかげで
前日の準備は深夜にまでおよんだ。
集合の7時には皆キッチリ集まり一路鈴鹿へ。
買出し後の朝マックでシッカリ話し込み歩き出したのは10時過ぎ。
コグルミ谷手前の65.8取付きからスタート。
では参りましょう。

c0225852_22161881.jpg
コグルミ谷右岸尾根を行く。中々の急登でかなりしんどい。皆んなに追いついたらそこはカタクリ峠


c0225852_2225133.jpg
鈴北岳の分岐で一休み。尾根に乗ったままでうっかり鈴北岳方面に歩いてしまって少し戻ったり


c0225852_22285443.jpg
歩き始めから3時間で御池岳、そして幕営地へ。曇りというか、すっかり雲の中で時折細かな雪が舞う。
ゴロリとしながらおにぎりをたべるカミさん。僕の寝床はeVentビビィにネオエアーXサーモ、HammockGearのキルト



c0225852_22362513.jpg
LocusGearのメンカウラとカフラ。カフラは食堂および僕とカミさんの寝室


c0225852_22395410.jpg
食事タイム。この後5時間にわたり食べ続ける。けんちゃん手製のもつ鍋はとても美味しく、この時生まれて初めて食べた「もつ鍋」は好物の一つになった。僕は頂き物の「博多水炊き」の缶に入ったスープに野菜を入れて。カミさんは味仙の麻婆豆腐。そしておつまみ鶏。もつ鍋の〆にラーメン。水炊きのスープにはたらこのおにぎりと高菜のおにぎりを投入して雑炊に。いずれも美味


c0225852_2247022.jpg
翌朝。素晴らしいの一言


c0225852_22502210.jpg
風もなく静かな夜だった


c0225852_22513974.jpg
伊勢湾から太陽が赤く染める


c0225852_22525520.jpg
今日はいい日になりそうである


そんなこんなで帰路は一気に下り2時間もかからず下山。
けんちゃんがシリセードでとんでもない谷底に落ちそうになったこと以外は平和でした。
無事止まったのでゲラゲラ笑っていましたがw

また来年も雪山楽しくいきましょうね。
家でテント干そうとしたら、雪がドバドバ出てきた…
[PR]
by motnorm | 2016-02-07 23:00 | mountains | Comments(0)
<< EKIDENという名の表現 2016 【旅バイク】Salsa Cas... >>