イブネへ
シルバーウィークにタイミングの合ったPLANT LAB 電気君とイブネに向けて出発。
そもそもが電気君と僕というレアな組み合わせ。
日曜日の夜、ナイトハイクからのスタート。時計は0時。
根の平峠で焚き火眺めたりお酒飲んだり3時に就寝。翌朝は成り行き出発で。
夜も快晴、うすらさむい。

寒くてもいつの間にか寝て朝を迎える。
人通りの多い根の平峠。寝床の横を何人も通り過ぎる。
いちいちタープからヒョッコリ顔を出して挨拶するわけにもいかず。
濡れたタープが乾いた頃に出発。この季節にしてはジリジリ太陽。

一路タケ谷へ。良い季節なのに無人。しばし散策。
神崎川の渡渉に手こずっている方、結局シューズを脱いだが何故かすでに全身ずぶ濡れ。察します。
神崎川左岸を歩き上水晶谷出合から小峠へ。急登度100。
コクイ谷出合を過ぎたあたりに降りる。昼食。
テクテク御池鉱山跡へ。しばし散策。水補給。

帰ってからインターネットで鉱山について勉強。なるほど。
「千種街道からチラリと見える雨乞岳の滝は、鉱山跡で温泉が出ている」らしい。マジかよ!

登りにブツクサ言っているうちに杉峠へ。あの杉はもうない。
登りにブツクサ言っているうちにイブネへ。あのペグはもうない。
こんなに快晴で風のないイブネはもう経験できないと思う。
少し言い過ぎか。いや、あながち間違いじゃない。
夕焼けキレー 夜景キレー 朝日キレー
電光石火でご飯を食べて、仮眠。ちょっと起きてその後すぐ本眠。つまりほぼ睡眠。
やはりうすらさむい。曙の空を確認し、この日の晴天を確信してまた寝る。
後のニュースによるとやはりこの日は気温が高かったようだ。

クラシ北尾根からわさび峠を経てオゾ谷、大瀞、中峠で朝明駐車場へ。
いわゆるクラジャン、下りは肝を冷やします。ズルッと滑って脇腹強打。今も痛い。
わさび峠からオゾ谷はテープを見失い谷を突っ切る。どこで見失ったんだろう、気になる。
大瀞で昼食。軽い頭痛とめまい。ハンガーノックか? ちなみに朝食は玄米スープ。
マーブルチョコ、柿の種、梨を食べる。復活。

中峠〜朝明はあっという間。
汚い話で申し訳ないが、この山行でやっと便意が。スッキリ。
マナーを守れば山での排泄は重要なファクターでありプレジャーである。
いつもの自販機でコーラを買い駐車場へ。まだたくさんの車が残っている。大盛況。

アラウンド神崎川、久しぶりに長く歩いた疲労感をアクアイグニスで癒す。
癒すどころか、温泉入ると何もしたくなくなってグッタリ。
moderate詣でも済ませ(Teton BrosのNeoshell欲しいよ)渋滞もなく名古屋へ。




c0225852_828195.jpg
午前3時

c0225852_8294232.jpg
ビバーク全景。足音で何度も目を覚ます

c0225852_831552.jpg
寝息をハミングバード

c0225852_8323722.jpg
電気's Ridge

c0225852_8333445.jpg
この夏はシルウイングとHighland Designsのトップキルトの組み合わせばかり

c0225852_8404628.jpg
Sanpoストーブで湯を沸かしパンを温める。今回固形燃料の良さも再確認

c0225852_843376.jpg
タケ谷周辺を散策

c0225852_8444649.jpg
鉱山跡前の渡渉地点で昼食。器用に積んだケルン。初めて来る場所にスマートフォンの地図だけではダメですよ

c0225852_8481111.jpg
御池鉱山跡。明治から昭和初期までかなりの人が居たもよう

c0225852_8495125.jpg
鉱物なのかな、石ではない重さ

c0225852_8505979.jpg
この日は別格のイブネ。風が強く苔で覆われたイブネはペグが効きにくいのでVペグ以上のごついものを。イーストンの黒を持って行った

c0225852_8522451.jpg
琵琶湖の向こうに沈みゆく太陽。

c0225852_858920.jpg
仮眠から目を開けると満点の星空

c0225852_8592350.jpg
イブネ北端を歩く。最高

c0225852_901822.jpg
下りの方がこわい痩せ尾根。ズルッといけば終了


おつかれさまでした。
[PR]
by motnorm | 2015-09-23 09:05 | mountains | Comments(0)
<< mont-bell EX LI... MYOG Handle-bar... >>