泳げるようになりたい。
c0225852_201316.jpg
お盆休みも終わりましたね。沢ってますか?

この前行った鈴鹿山系 神崎川での沢遊びのひとコマ。
ザックをデポって滝登りに挑んだのですが、
水流によって深い滝壺に吹き飛ばされ確実に溺れていたのですが、
必至の形相が何故か“笑っている”らしく誰も助けてくれませんでした。
泳げるようになりたいです。

さて、iPhoneの水没問題ですがどうされてますか?
僕は今まで定番のLIFEPROOFを使っていたのですが、消音スイッチを操作したらモゲまして…
脱LIFEPROOFとしてCatalystというブランドのものを試してみました。
装着感は手なじみも良く、ツルッと手から落としにくいです。
それでも2回ほど落としましたがw 対衝撃性もバッチリです。
地味な事ですが、LIFEPROOFだと純正ケーブルしか使えないほど充電穴のスペースがなかったのが、
Catalystだと広めにスペースがとってあるので純正以外でも使えそうです。
LIFEPROOF特有の画面のモアレも一切ありません。モアレに慣れていたので凄く画面がキレイ!

肝心な防水性能ですが、沢で遊んでiPhoneを見てみるとまるで


c0225852_20151818.jpg



こんなことになってましたw

ケースの中に水が浸入してケースの中でiPhoneがプカプカ。
慌ててこじ開けてiPhoneを取り出し拭きました。
確実にアウトな状況でしたが奇跡的に今でもバッチリ動作しております。

僕のケースが個体差でハズレだったのかもしれませんが、やはりLOKSAKなりに入れないとムリ。
このケースは、雨やしぶき、濡れた手までの範囲なら大丈夫ですが、ドボンは危険です。

何事もそうですが、「念には念を」ですね。
[PR]
by motnorm | 2015-08-17 20:25 | mountains
<< MYOG Handle-bar... Hiker direction... >>