鈴鹿 タケ谷
c0225852_14272559.jpg
そうなんだ、またなんだ。
最近では山といえばここ、鈴鹿のタケ谷出合の事と言っても過言ではないほどのリピーター。

6月も後半、新緑の濃さもピークに達した梅雨の晴れ間。
お馴染み朝明駐車場から根の平峠を経てタケ谷の谷筋にそって90分。
たった90分で楽園に到着。

見ての通り、今回僕はシルウイング、
そして! 一緒に行ってくれたヨネ君はSix Moon DesignsのWild Oasis!!
ヒョーーー! かっくいいーーーー!!
床なしのLunar Soloみたいだけど、もっとミニマルなステキ幕。
ポールで立ち上げると地面から20cmくらい浮いて、
そこからバグネットがスカートのようにぶら下がってる感じ。
だから四方の壁、地面から20cmくらいはメッシュ。夏は涼しそう。

今回は竿を持って行かなかったので、ただただノンビリと。なんにもしない。
焚き火跡があったので少し火遊び。(やはりウッドストーブ持ってこれば良かった)

この日の服装は、キャプ2半袖にバギーズ5inch。で、足元はLoanPeak。
無防備すぎるとも思ったが、鈴鹿で名を轟かせる「ルーヒー」の出没調査を兼ねて。
数日前に雨も降っていたので、かつこの日は気温も高い。
もし居るなら、絶好のルーヒー日和だったのですが、その数「0」
たまたまかもしれないが、朝明から入って今までルーヒーに遭遇した事がない。
もしかしたら、ここら辺の山域はそんなに神経質にならなくてもいいのかも。女子達〜!

c0225852_14465589.jpg
相変わらずのお桂様も新緑スパークです。

c0225852_14493539.jpg
どうですか! このロケーション!!

4月にきた時はすごく寒くてブルブル震えていたのですが、すっかり夏模様短パンでグーグー寝てました。
朝起きるとすっぽりと雲の中、モイスチャー。
雨もパラパラ、新緑のアンブレラがいい具合に雨を遮るなか撤収。

c0225852_14582674.jpg

通称「鈴鹿の上高地」を散歩しながら上水晶谷から朝明へ。
この鈴鹿の上高地を少し上がったところにある沼地が神秘的スポット。
モリアオガエルのタマゴが至る所に。あまりに神秘的すぎて思いっきり沼に足ドボン。
駐車場に着く頃にはLoanPeakすっかり乾いてました。シューズもゴアに拘らなくてイイネ!
あぁ、やっぱり鈴鹿は楽しい!!

その後は、一路モデラートで催される「山と道」展示会へ。
お目当ては、新作の「山と道 5-POKETS SHORTS」。
ポケットが機能的に配置され、かゆいところに手が届いたハイカーズショーツ。
試着させていただいたが、シルエットもカッコ良く「こりゃ買ってまうな」と。
はじめのアナウンスではワンサイズという事だったけれど、大きいサイズも少量展開するよう。
発売が待ち遠しい。
そして、厚かましくも「鈴鹿 HIKER'S MEETING」のステッカーを夏目さんにお渡しする事ができた。
ぜひチャンスがあれば、鈴鹿の山にも遊びにきていただきたい。

そんなこんなで、ヤマ充な1日を過ごさせていただきました。

7月あたり、また行きませんか?
[PR]
by motnorm | 2013-07-01 15:16 | mountains | Comments(0)
<< “ROCKIN’ BEAR” ... 鈴鹿 HIKER'S ... >>