OMM Ultra 15
2013年、今シーズンから始めた(始める)トレイルラン(厳密には、トレラン〜ハイクの中間)。
クッカー、食料、ウエア、水を持って走りたい。そこで走れるザック、OMM Ultra 15。
何てったって、オリジナルマウンテンマラソンだもんね。

一度、R.P.Mを背負って走ったことがあった。
少ない荷物の時にはどうしても持て余し感があって、
それがどうしても気になってストレスとラン用のザックの必要性を感じていた。
早速Ultra 15を背負って走ってきた。この手のザックは初めてなので思い切り主観で。
っていうか、ほぼストレスなし!! こりゃ走れるわ!!
特にザックに振られることも無いし、腕の振りや体の動きを妨げるそぶりも見せない。

c0225852_17431537.jpg
15ℓの容量はどんなもんかというと、だいたいこんなもん。(左上から)
・エマージェンシーキット(薬、バッテリー、ウエットティッシュ等)
・OMM Cypher Smock
・プラティパス1ℓ
・RMG Wallet
・MSR パックタオル
・EVERNEW Ti Mugpot 500(中にアルコール、アルコールストーブ、風防、ライター)
・inov8 ボトル
・食料(おにぎり2つ、カップヌードルミニ1つ、エナジーゼリー1つ、ダイネックスマグ)
・手袋
・ミドルレイヤー(Rab)
・インナーダウン(写真とる時着てた)
これだけ入れても、まだ若干の余裕はあります。©こん平師匠

c0225852_17492358.jpg
c0225852_17495260.jpg
ウエストベルトにもお約束のポケット。
左側はジッパー付きでiPhoneなんかがぴったり。キーリングも付いてるので貴重品も。
右側はゴム出し入れ口をもつ、落ちそうで落ちないポケット。行動食入れとか。
メインの上部にもポケットが一つ。ここにもキーリング装備なので鍵とか。

c0225852_17523171.jpg
荷物をコンプレッションしたり、脱いだウエアを挟んだりできる別売のLeanweight MSCというメッシュポケットがある。
あれば重宝しまくるだろうけど、手持ちのバンジーコードで充分。
ただ、ザックの背面から出たフックに引っ掛けて取り付けるので、どうしてもメインのジッパーに干渉してしまう。
あと、サイドポケットが左右にあるけれど、結構ボトルがパツパツで出し入れに気を使う。
使われているナイロンは軽量化のために薄手のものが奢られているが、
底のパーツは厚手のナイロンで安心感がある。ただ、やたらと飼っている猫の毛を拾う。

と、まあ、一丁前にファーストインプレッションを書いてみたけど。
今年はこのザックと走り回ることになるので、気づいたことがあればまた書くかも。
いや、でも相当オキニですよこれ。

173cm 中肉中背のオトコが背負うとこんな感じ。
c0225852_1833093.jpg
[PR]
by motnorm | 2013-02-11 18:05 | mountains
<< NAGOYA CITY MAR... ハトブキ〜ツガオ トレイルラン >>