燕岳
c0225852_21482369.jpg
夏の恒例、お盆休みの山行に燕岳へ。
なんやかんやで行けるのは最終日のみ。天候は微妙。行ってみなけりゃわからない。
しかも、この時にオーダーしたザックが届いたので、我慢できずにしょってみた。(日帰りなのに)

名古屋を午前0時に出発。只々ひたすら中央道をひた走る。
登山口の中房温泉へは、そこからさらに長野自動車道へと舵を取る。
豊科インターを降り、徐々に真っ暗な山道へ。
ちょうどその晩、TVでクルマに乗って怖い話を聴く番組を観てケラケラ笑っていたのを激しく後悔した。
第一駐車場にギリギリ1台分のスペースを確保したのは3時半。
この時は満天の星空が僕を迎えてくれた…。
仮眠をとろうにもやはり眠れない、流星を3つほど見送ったところでヘッデンを点けて出発。4時。

第一ベンチに着く頃には必要の無くなったヘッデンだが、
電池残量わずかを知らせる赤い点滅を見た時は焦った。反省。
北アルプス三大急登と呼ばれる合戦尾根だが、整備が行き届いており登りやすい。
順調に高度を上げるとともに、すっかり雲の中に。冷たいミストが体を包む。
CTよりずいぶんと早く燕山荘に到着。ここでもう観念した。
何にも見えない。始めから無かったかのように全く見えない。
食事を作る気も起こらず、売店で買ったチップスターを2秒でたいらげる。
湯を沸かしてミルクティーで一服。気温は10℃。サイファースモックを着込む。
その後、幾分重い足取りで燕岳の方へ行くだけ行ってみた。その時の様子は以下の写真で。

c0225852_2224615.jpg
c0225852_22251274.jpg
c0225852_22254743.jpg
c0225852_22263246.jpg
う〜ん、やはりフイルムに傷はいるな。おまけに1本のフイルムには何も写ってなかった。
山行カメラ振り出しに戻る。
そうそう、山と道 ONE、すこぶる調子良く、軽いのは言わずもがな、
ポケットの位置、大きさ、コンプレッションコードの扱いやすさ、最高です。

ピース!! また来るわ!!

c0225852_22374573.jpg
[PR]
by motnorm | 2012-08-15 22:40 | mountains
<< 山と道 U.L.FramePa... 黒百合ヒュッテ >>