鈴鹿のお山 ハト峰〜ヒロ沢
またまた、鈴鹿のお山でございます。
前回のブログは、下り編に続くとかなんとか言っとりましたけど、
めんどくさいのでヤメ。
まとめると『 す ご く た い へ ん だ っ た よ 』

以上。

気を取り直して、本日のメニュ−は、
朝明→猫谷→ハト峰→ヒロ沢→ハト峰→林道→朝明となっております。
このコース、全くの疲れ知らず&歩きやすい! スムース&イーズィーです。
写真多めの、ブロードバンド仕様で行ってみましょう!

c0225852_19451823.jpg
見上げるとミニ上高地みたいな朝明の駐車場から
テクテク歩くこと30分ほどで、猫谷or林道の分岐です。

c0225852_1946976.jpg
『兄ちゃんはエンジンがええで、猫谷のがおもろいで』とは朝明渓谷のおじさん談。
そうです、猫谷は若干登りがキツいらしいのです。
まあ、行きの元気があるうちに猫谷経験しちゃおうかしらと、猫谷を進みます。
急登といえばそうなんですが、景観のバリエーションがたいへん多く、
その急登も全く苦になりません。

c0225852_19463340.jpg
拍子抜けするほどあっという間に、ハト峰です。
突如、花崗岩の白砂でできたお山が姿を現します。なんか変なところ、それがハト峰です。

c0225852_19473228.jpg
さあそして、金持ちの庭みたいな(すげーキレイ)ハト峰湿原を抜けて
滋賀県側、愛知川源流ヒロ沢まで下ります。

c0225852_194849.jpg
フカフカの落ち葉のクッションで膝にもやさしくなっております。
ヒロ沢までは、沢と平行に歩くのです〜っとシャワーサウンドでございます。

c0225852_19483040.jpg
ほどなくして、どーーーんと開けてそこは天国かオアシスか。
いえ、ヒロ沢でございます。
適当な河原にドシッと腰を下ろして、早速ゴハンゴハン。
お湯で温めーの、ソーセージ、きのこ炒めーの、キーマカレーかけーの。
c0225852_1949014.jpg
c0225852_19492396.jpg
c0225852_19501231.jpg
間違いございません、おいしゅうございました。
でも、フライパンの取っ手を忘れたので、変な体勢で食べました・・・。
この後は、朝も早かったせいもあり、1時間ほど気絶しておりました。満足満足。

アブの羽音を目覚ましに、ハト峰まで来た道を戻ります。相変わらず快適。
ハト峰からは林道コースを進みます。
c0225852_1952673.jpg
最初だけ急な場面も観られましたが、まぁ〜歩きやすい。
帰りのルートでこんな楽なものは今までにございませんでした。
猫谷とハト峰を尻目にニヤツキながらポクポク歩きます。
んで、先ほどの分岐地点に合流する訳です。
6:30に歩き出して戻ったのは11:00。

帰りはお約束、温泉です。
またまた、砂利道系の温泉。僕の場合、すぐ熱くなってアレなんですが、気持ちよかったです。

11月に数人での山行の下見だったんですが、
コンパクトながら見所満載の山行でした。
ダイジェストたっぷりで、登山はちょっと・・・なんて方にも激プッシュな訳です。

そうそう、今回からお山の写真はCONTAX T2で撮っております。
小さいながらもサスガ、T*レンズ。濃いですなぁ。
[PR]
by motnorm | 2011-10-10 20:01 | mountains
<< 持ち物検査 鈴北岳〜御池岳 【登り編】 >>