独標 Part2
c0225852_14204744.jpg
さあ夜明けです。
いつの間にか眠りに落ちてましたが、21時頃テントを叩く雨音で目を覚ましました。
このとき、背中に違和感が、エアマットの空気がすっかり抜けていたのです。
エアマットはnemoのゾアで、ウレタンも入っているので多少空気が抜けても大丈夫。
でも空気が入っていないと寝心地が悪い。
ムックリ起きて、息をフーフー吹き込みます。結構これシンドイ。

23時頃、温度計を見ると10℃。シュラフはNANGAの250SPDX。
ヒートテックのモモヒキに、Tシャツ&薄手のフリースでヌクヌク眠れました。
その前にエアマットに息をフーフー。

3時頃、周りがガサゴソいいだした。
僕も合わせて出発の準備を始めます。
と言っても、丸山辺りまで日の出を見に行くだけなのでズボンを履いて、ダウンを羽織ります。
適当な丘でじっと太陽が昇るのを待ちます。
持って行くか迷っていたダウンジャケット、持ってきてよかった。
じっとしていると寒い寒い。
快晴とは行きませんでしたが、燃えるお山がそこにドーーーーンと。感動です。

テン場に戻り、朝食&コーヒー、撤収。テントの結露がひどい。
隣のテントからは、まだイビキが聞こえます。お疲れさまです。
まぁ、とにかく荷物をザックに詰め込み、上高地側へ下山開始・・・。急げ〜!
[PR]
by motnorm | 2011-08-17 14:51 | mountains | Comments(0)
<< 独標 Part3 独標 Part1 >>