3067
一ヶ月前から計画していたお山、御嶽山へ。
準備期間はたっぷりあれど、天気まではどうにもならない。
予報では確実に雨。
一緒に行く友人が「レインウェア買ったんっすよw」とのことで決行。

朝5:00、栄Patagonia前に集合、出発。目指すは長野県王滝村、田の原天然自然公園駐車場。
中央道と19号線をひた走り、途中猛烈な雨に降られながらも3時間で標高2180mの駐車場に到着。
御嶽山頂はガスに包まれて見えませんが、雨は降ってない、晴れ間も見えてきた。

9:00、いよいよ登り始め。
登山道は、砂利道→中途半端な高さの木の階段→森林限界を超えて岩、とにかく岩。
1時間ほど歩いて森林限界に出たところで雨が降ってきましたが、レインジャケットとザックカバーでしのぐ。
八合目からは岩の連続する結構な急登。高度のせいか息もあがって休憩多めでボチボチと。

11:00、王滝山頂に到着。そこから剣が峰に向けて出発。
風はなく雨も上がって剣が峰がガスの間から顔を出してます。
その傍らには火山ガスが噴き出して少し硫黄臭い。
30分程で3067m剣が峰山頂に到着。展望は全くナシ。
山頂神社の裏手からはきれいなグリーンのニノ池が見えます。

c0225852_22302999.jpg

一先ず王滝山頂まで下りてきて山小屋のベンチで昼食。
いつものようにカップラーメン、今回新登場のソーセージ。
人の分まで水を担ぎ上げるのは辞めようと思った。荷物の軽さは正義!

さて、そそくさと下山開始。ここで新兵器トレッキングポール!
・・・ダメだわ。全然使いこなせなくて2度も転倒。結局ザックのポケットへ、情けない。
と、どこからともなく『クー、クー』と鳴き声が。
雷鳥の親子登場! 目の前を横切っていきました。あんなに可愛いとは思ってなかったです。
後続のパーティーに教えたら、奥様えらく興奮してました。

若干言葉少なめで無事駐車場まで下りてきました。
お待ちかね温泉タイムへ突入。目指すは王滝の湯。
猿がにらみを利かせる砂利道を2kmも走らされて僕は涙目。助手席のヤツは寝息を立てている・・・。
ヒノキでできたこじんまりとした温泉。鉄分豊富なかけ流しの湯船からは御嶽山が望めます。
一応、秘湯と呼ばれてるみたいですが、僕たちの後にお客さんもチラホラ見えました。
五平餅定食(そばmeets五平餅)を食べてひた走り名古屋へ。

快晴の日を狙ってリベンジを誓いましたが、トラブルもなく楽しい山行でした。
でも、ヤツが「雨大丈夫っすよw さすが!俺、晴れ男なんっすよw」って行ってましたが。
ヤツと行くと雨には降られてないが、展望はゼロなんだよな・・・。

まぁ、楽しいのでOK牧場
c0225852_22324075.jpg
[PR]
by motnorm | 2011-08-03 22:34 | mountains
<< 衣・食・住 山行計画 >>